デタラメな音楽の教科書

君の栄えある音楽家への道を、デタラメにサポート。

プロの動画で学ぶバンドアレンジ基礎講座 リズム支配者「ドラム編」

 
「バンドアレンジと言ってもよく分からない」というアレンジ初心者~中級者のために、ドラムの基本的なノウハウを教えます。ドラマーの方もDAW・DTMで打ち込み製作されている方も使えるようにまとめました。

必要に応じてプロの動画(YouTube)を参考資料として掲載。目と耳でも理解できます。
スポンサーリンク

ドラムは絶対的なリズムの支配者

リズムの絶対的な支配者として曲のグルーヴを牽引するドラム。ベースとの連携が非常に重要で、特にキック(バスドラム)はベースとタイミングを合わせるのがリズムの基礎となります。ドラムセット各楽器の名称

基本的なリズム(いわゆる8ビートなど)でパターン化されやすいですが、演奏者や打ち込む人の力量次第で曲全体に表現力をプラスできる重要パート。このパートが下手なバンドは売れないし、ドラムがカッコ悪いアレンジは曲全体がカッコ悪くなる

基本フレーズ構成

様々なサイズのドラムやシンバルがセットされていますが、基本的かつ重要なものは4つ。キック、スネア、ハイハットシンバル、クラッシュシンバルです。慣れないうちは、まずはこの4つでフレーズを構築できるようにしましょう。

キックはオンビート(表拍)、スネアはオフビート(裏拍)、ハイハットはビートをそのまま刻むのが一般的かつ基本パターン。クラッシュシンバルは各セクションの頭や区切りなどでキックと一緒に鳴らします。
 
参考音源:Aerosmith - Fever

※曲は1:00あたりから始まります。
 
AerosmithのFeverは非常にシンプルな4ビート。ほぼ初めから最後まで基礎パターンだけで構成されています。これが基本中の基本。

フレーズを彩っていく

曲にはフィル・イン(おかず)と呼ばれるセクションチェンジ前のちょっとしたソロ的アプローチがあります。これはパートを目立たせるという意味もありますが、セクション変更の兆しをリスナーに伝える役割の方が大きい。フィル・インがないと、ずーっと平凡に聴こえてしまうんですね
 
参考音源:ASIAN KUNG-FU GENERATION 『リライト』
 
この曲ではイントロからAメロへ移る直前に分かりやすいスネアのフィル・インが入っていますね。歪んだギターから一気に静かなクリーンギターへ変わるサウンドを繋げています。

イントロやサビでハイハット代わりにライドシンバルが基本ビートを刻んでいるのは、雰囲気を変化させる定番手段。透明感が強いのが特徴です。カップ・ボウ・エッジとショット部分を変えることで音も変わってきます。

サビ直前に一発ドンッ!と鳴らしているのがフロアタム。サビ「全身全霊を~」の部分ではタムタムを高音から低温に向けて駆け下りています。このように、タム系は基本的にクラッシュ+キックを鳴らす直前に入れるのが効果的

強弱で印象が大きく変わるスネア

ドラムはベロシティ(叩く速度)で印象が大きく変わる楽器。全てのドラム楽器は強弱に影響されるのですが、その中でもスネアドラムだけは押さえましょう。
 
参考音源:Dennis Chambersのドラム演奏
 
ジャズ界隈では超有名なドラマーさんです。

彼の左手がスネアを叩いているときに注目。スタンッ!と普通に叩いているときもあるのですが、なでるようにスタタタ・・・と鳴らしてたりもしますよね。この、弱く小刻みに鳴らす音をゴーストノートと呼びます

ゴーストノートとはその名の通り「オバケのようにヒッソリとした音」。ギリギリ聴こえるくらいの音をさりげなく入れることで表情を引き立てます。料理で言う隠し味みたいなものですね。

打ち込みではボリューム値(音量)ではなくベロシティ値(叩く速度)を下げることで調整。HALionSonicなど最近の音源はベロシティ値によってそれに合った音質に変化するような作りになってます。僕の場合、ゴーストノートはベロシティを30~50くらいまで下げますね。

また、ゴーストノートまで極端じゃなくても単純なアクセントとして微妙に強弱をつけるのも有効。サビ前のスネア連打などでは、ベロシティを70~100あたりで遊ばせると表情が出てきます。フロアタムでも応用できますので、色々試すと楽しいくなってきますよ。
スポンサーリンク

音作りと各楽器のバランス

◆ ドラムセット全体

コンプをかけて全体をまとめるのが基本。ノイズゲートが勝手に付いちゃってるタイプは、これだけOFFにすると音が消えません。また、打ち込みの場合はルームリバーブで部屋鳴り感を出すとグッドです。コンプもリバーブも設定が分からない場合は内臓プリセットを使ってしまって全然OK。

ボーカルを邪魔してるな~って時にはEQでハイミッド~トレブルを削ってあげるとハマったり。

ギター用アンプシュミレーターをかけても面白いです。少しだけかければギラついたサウンドになるし、強めにかけると攻撃的だけど少し奥まった独特の音に。

モコモコする場合は、邪魔なベース~ミドルを少しずつ削るネガティブEQがオススメ。太さが足りない時は逆にブースト。抜けが足りない時は高音域を上げます。どちらもやり過ぎ注意。

◆ スネア

ローミッドを持ち上げてやると太くなるが、あざとく主張すると邪魔になりやすい・・・というか、馴染まない。スナッピーの響きはプレセンスにありますが、これも他パートとの兼ね合いでブーストの度合いが変わってくると思います。

ただし、弱すぎてもリズムを牽引できないので非常に試行錯誤する楽器の一つ。パラトラックなら、スネアだけ少し深いリバーブをかけるのもアリだと思います。

◆ キック

EQでまず注目したいのはキックのピーク。かなり低域が出ているので、ベースと丸被りなんですよ。ミックス時にモコモコしてしまう事が多いので、ベースかドラムどちらかのEQを削ると良いです。僕の場合はキックを優先したいので、ベースの68Hzあたりを違和感がなくなるまで下げています。

また、キックは低音楽器のクセに5kHzあたりにアタック感があるので、ここら辺を上げると立ち上がりが良くなります。ロックやメタル系などは大胆に上げてみるのもアリ。

◆ ハイハット

ビートの基本となり使い勝手がよいのですが、あらゆるリードパートの得意音域を食い散らかしています。これを主張し過ぎると、ボーカルやギターソロがイマイチ聞こえ難くなったり。

基本的にはボリュームを小さ目に設定することで調整します。EQに関しては、ほとんどトレブル~プレセンスで成り立っているので、削りすぎるとハイハットじゃなくなるので注意。「ボリューム下げたのに邪魔だなぁ~」って感じたら少しずつ被っている音域を削ると良いです。

表現力を増す応用知識

ドラムセットって決まりがないんです。なので、ドラマーの方は自分にあった装備にカスタマイズしているんですね。

テクニカルになってくると機材が増えていきます。チャイナやスプラッシュ、ボンゴやコンガなどが定番。独特なミュート感を出すためにシンバルを重ねることも。テリー・ボジオなんかは、ドラムなのに音階が表現できると言われています。
 
参考音源:テリー・ボジオのドラム演奏
 
スティーヴ・ヴァイと同じフランク・ザッパの門下生なだけあって難解ですが、ドラムの可能性を非常に広げています。

まとめ

  • ドラム良ければ曲の8割は良くなる。それくらい重要パート。
  • キックは表、スネアは裏、が基本。
  • フィル・インやクラッシュ+キックでセクションを分け、聞きやすく。
  • ベロシティの強弱はドラムに素敵な表情を付ける。
  • 音作りは特にキック、スネア、ハイハットに注意したい。
  • 色々な応用方法があり、徐々にスキルを増やしていくと質が上がる。
 
【読んで楽器が上手くなる「全知識」シリーズのドラム版】
スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スポンサーリンク

このサイトについて

管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
音楽で生きていく事を10年目指して失敗した人。
もう失うものは無いので、自由に活動しています。
→もっと詳しく。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

スポンサーリンク

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。