デタラメな音楽の教科書

君の栄えある音楽家への道を、デタラメにサポート。

ギターシールド「ピュアクラフト」の耐久性が強すぎて10年買い換えてない件

 
ギターシールドは消耗品の一つなので、必要に応じて買い換えるのが普通なのは周知の通り。そんな僕が長年愛用しているギターシールドが「Live Line Pure Craft」です。それも10年前に買ったモノを今も使っているんですよ。言葉通り「長年愛用」しています。
 
スポンサーリンク

耐久性が売りのピュアクラフト

元々耐久性には評判があったシールド。公式HPでもしっかり書かれています。
 
 
楽器のもつサウンドをこのうえなくピュアに、そしてダイレクトにアンプまで伝える
ヌケのよい音質と優れた耐久性を兼備える
株式会社TMCウェブサイトより引用
 
 
ピュアクラフトを購入したのは大学生の時。その時に3メートルを2本購入してから1度も買い換えていません。ずっと使い続けています。

信じられます?ギターシールドって消耗品なんですよ(2度目)。それが10年経った今でも問題なく使えているんです。この耐久性は尋常じゃないですよ。1,500円のシールドなんて1~2年持てば良い方ですからね。

最高峰の音質をピュアに伝える

長年使用し続けているのは耐久性だけではありません。楽器本来の音をピュアに伝えるのがライヴライン・ピュアクラフトの真骨頂。
 
 
熟練したハンダ職人によって1本1本ハンドクラフトされているライブライン・ケーブルの音質は、太くて全音域をバランス良くそのまま伝達する、癖のないものです。 良い楽器、良いアンプ間を無駄なく伝えます。
株式会社TMCウェブサイトより引用
 
 
僕の場合、シールドは極力フラットである事が好ましいんです。下手に低音をブーストされたり、ブライト感を足されるのが嫌なんですよね。楽器本体の味をそのまま引き出してほしいので。

そういったコダワリは、大好きなベーシストであるジョン・マイアングがYAMAHAでシグネイチャーモデル(RBX6JM)を作った時のコンセプトを元にしています。彼は世界的に売れているバンドのベーシストなのにもかかわらず、RBX6JMの小売価格は14万円と安かったんです。それは、極力フラットな作りにして、後から自由にサウンドメイクできるようにとの考慮でした。

マイアングがどのシールドを使っているかは分かりませんが、ピュアクラフトは間違いなく楽器本来の味をそのまま出せるシールドの一つです。
 
 

今後も間違いなく愛用し続けるピュアクラフト

購入のきっかけは所属していたバンドサークル内で「良いシールドに買い換える」のが善とされていたんです。

当時ベーシストだった僕は、1万円で入手したYAMAHA「ATTITUDE」の亜種みたいなベースにディマジオP.U.を載せて使っていました。せっかく良いP.U.を搭載しているし、他のサークル員もうるさいんで買い換えようと決意。

本当はMONSTERケーブルが欲しかったんです。でもこれ、高いし、最寄りの楽器屋においてなかったんですよね。で、最寄りの楽器屋で購入できて値段も3Mで5~6千円のシールドを探した結果がピュアクラフトでした。

当時ベーシスト仲間だった友人もピュアクラフトを使用していて、非常に音が良かったのも購入の決め手となっています。

しかも、このシールド「永久保証」なんですよ。メーカー側もよっぽど自信があるんでしょうね。

偶然の成り行きで購入したピュアクラフトは今後も愛用し続けますね。信頼できる耐久性と、クセの無い純粋な音をアンプまで運べる音質は、音のカスタマイズ性に優れ、非常に使いやすいです。
 
 
 
 
スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スポンサーリンク

このサイトについて

管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
音楽で生きていく事を10年目指して失敗した人。
もう失うものは無いので、自由に活動しています。
→もっと詳しく。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

スポンサーリンク

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。