17 October

タワーディフェンス&育成RPG「千年戦争アイギス」やってみた【無料オンラインゲームレビュー】

千年戦争アイギス オンラインゲーム

前から気になっていたタワーディフェンスRPG「千年戦争アイギス」をプレイしてみた。ひと言で言えば、育成ゲームとボードゲームを合わせた「少し懐かしい戦略ゲーム」。ソシャゲとしては珍しく“ゲーム”として楽しめる作品だ。

※本記事では一般向け作品について記載しています。

 

シンプルで奥が深い「設置型タワーディフェンス」

 
物語は魔物に侵略された祖国を奪還していくというもの。プレイヤーは王子となり、女神アイギスの力を借りながら立ち向かっていく。

戦闘は設置型タワーディフェンスとなっており、味方本陣を守るべく自軍を展開して迎撃。ユニットを配置したり撤退させたりするだけのシンプルな操作だが、それゆえ奥が深く面白い。

ユニットは「近接型」と「遠距離型」に大別される。

「近接型」は道に配置し、進軍してくる敵との白兵戦を行う。ソルジャーなどで複数の敵を足止めしつつHPを削るのが主だが、抑止力を犠牲にして火力を特化させたようなローグやバンデットなどのクラスもある。

「遠距離型」はアーチャーやメイジ、ヒーラーなど。道側面や崖の上などに配置し、近接型の援護や敵飛行ユニットの殲滅を行う。射程が存在し、射程外のユニットはターゲットにできない。近接攻撃は届かないが遠距離攻撃は敵味方共に的となり得る。
 
図のように、キャラをクリックすると緑の円で射程距離が記される。
 
このように様々なクラスを使い分けて戦闘が有利になるような配置をしていくのだ。例えば、ソルジャーの近くにメイジを配置し、足止めした敵をメイジの魔法で一気に殲滅すると効率が良い。

クエストを進めるにつれ、敵の進軍が激しくなるので、迅速で的確な判断による緊張した戦闘が楽しめる。
 
魔物の侵略を迎撃するストーリーとタワーディフェンスの相性が良く、物語としての面白味を増しているのも特徴だ。
 
 

「委任出撃」という斬新なレベリング方法

 
各ステージを完全にクリアすると「委任出撃」が可能になる。これを行うと、約5秒で自動的にステージクリアとなり、経験値やドロップアイテムをもらうことができるのだ。

一度攻略したマップをレベリング目的で周回するのは単調な作業であるが、それを省略して美味しいところだけもらえるという、かなり斬新なシステム。これのおかげで、サクサクとゲームを進められる。 
 

キャラクター要素

 
戦略と共に大切になってくるキャラクター。本作では女神アイギスの戦士召喚能力により自軍ユニットを増やす事ができるほか、戦闘後の特典でも入手することがある。

男性キャラには信頼度、女性キャラには好感度が設定されており、酒を飲み交わしたりプレゼントを上げたりすることで上昇。戦闘力アップに繋がり、一定の好感度(信頼度)で会話イベントが発生しキャラクター個々への愛着が持てる。好感度(信頼度)の上昇により、通常時の吹き出しセリフも微妙に変化。
 
戦闘に敗北してもキャラクターロストが無いのでインサガのように焦る必要はない。難易度的にはストーリーミッションやイベントで入手したキャラだけでも育成&攻略が可能。非課金ユーザーでも楽しめる。
   

限定イベントはメイン物語とは一味違った面白さ

 
キャラクターを育成しながらストーリーミッションを進めるのが本筋だが、期間限定で開催されるイベントも少し違った面白さがある。

中でも「大討伐ミッション」と呼ばれるイベントは討伐が目的という異質なもの。本来なら自軍の死亡者を出さずに本陣への侵入を防ぐことが最優先だが、この大討伐では倒した敵の数が重要となってくる。倒した数によって特典をゲットできたり、全プレイヤーの合計討伐数によりゲーム設定に変化があったり。
 
 

課金要素

神聖結晶が課金アイテムとなっており、1個100円(まとめ買いでお得に)。

用途は召喚(ガチャ)、ミッション出撃に必要なカリスマ・スタミナの全快、所持キャラ数増設、戦闘を有利にする効果など。

普通に遊ぶ程度なら課金は必要ない。1日に沢山プレイしたかったり、どうしても欲しいレアリティの高いキャラがいる場合は課金する必要が出てくる。
 
 

その他

圧倒的に分かりやすいチュートリアルは非常に好感。とりあえず登録してゲームを開始すれば大方のシステムを理解できる。

グラフィック、サウンドともに良好。ボイスが皆無なので、少し寂しく感じる。
 
 

総評

最近のソシャゲにしては珍しく「ゲームをしている感覚」がしっかりあって面白い。一般向けに開放されたのもうなずけるクオリティ。考えながら楽しむのが好きな人にピッタリだ。
 
逆に、クエストを周回するだけのゲームではないので、のんびりやりたい人には不向き。同じRPGで雰囲気が似ている「フラワーナイトガール」や「かんぱに☆ガールズ」とは全く違う。

言ってみれば、「千年戦争アイギス」は将棋やチェスに育成要素を加えたようなゲームだ。プレイヤーの戦略と育成による強化の両方が楽しめる。

ちょっと懐かしいシンプルなゲームシステムを、体感してみては如何だろうか。
 

【関連リンク】

 
スポンサーリンク
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。