デタラメな音楽の教科書

君の栄えある音楽家への道を、デタラメにサポート。

切なくて暖かくて美しい旋律!ソロギターがヤバいギタリスト動画3選

 PLAYTECH ( プレイテック ) / D-4 NATURAL
 
ギター1本で様々な音を繰り出すその独特な響きは、トリッキーであり幻想的だ。そんな魅力的なソロギター動画を3つピックアップしてみた。

スポンサーリンク

John Butler

 
The John Butler Trioというオーストラリ出身のバンドのギター&ボーカル。12弦ギターとストンプボックス(踏む打楽器)のアンサンブルが素敵だ。静かな旋律と荒ぶるようなパートを繰り返す曲構成はまさにオーシャン。
 
ギターのチューニングはかなり変則的で意図した和音をタッピングなどで出しやすくしているようだ。筆者が12弦ギターを一番欲しくなった時期は、この動画を見つけた大学生の時だった。

 

Tommy Emmanuel

 
4歳からギターを初めて神がかった演奏技術を手に入れたおじ様。ギター1本の可能性は無限大なのではないかと思える動画だ。それにしても楽しそうである。

「フィンガーピッキングの達人」や「アコギの神様」と呼ばれているそうだ。

この動画ではノリノリでブルージーな演奏を披露しているが、近年はゆったり聞ける優しい曲が多い。気になった人は彼の公式チャンネルを覗いてみると良い。
 
 

Andy McKee

 
彼がYouTubeに現れた時の衝撃は今でも忘れられない。日本では中々お目にかかる事のないスラム奏法(アコギのボディを叩く奏法)と透き通るようなアンサンブルは今聞いても色褪せない。
 
ウィキペディアの情報によれば、手前で紹介したTommy Emmanuelの影響も受けているそうだ。
 

【関連リンク】

スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スポンサーリンク

このサイトについて

管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
音楽で生きていく事を10年目指して失敗した人。
もう失うものは無いので、自由に活動しています。
→もっと詳しく。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

スポンサーリンク

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。