12 March

「本」は最高の自己投資。読書の時間が無いなら“本を聴く”

 
“本を読む”という行為は最高で最大の自己投資。
そのコスパも素晴らしく、500~3,000円程度で様々な知恵と知識を得られるのだから安いものだ。

どんなに忙しくても、ちょっとしたスキマ時間を使って読書に当てたい。最近では「オーディオブック」などで書籍の音声データ化がされていることもあり、より便利に知識を取得できるようになった。

本を読まない人はサルである

「本を読まない人はサルである」という主張もあるように、本を読む事は人として非常に重要なことだ。
 
 
「本を読まない人はサルである!」

というのが成毛眞さんの主張ですよね。(『本は10冊同時に読め!』より)

鹿田も「本を読まない20代の未来はない!」というのが、本音です。

でも、あまりにも本を読まない20代が多い。


「俺、金持ちになりたいわぁ」

「1億円くらい当たんないかなぁ」

「年収1000万は欲しいよねぇ」


と言っている人に限って本を読んでいない。間違いなく読んでいない。

こういう人たちは「勝ち組の”肥やし”で人生」を送り続けます。
 
引用元:読書が「最高の自己投資」である6つの理由
 
 
私も昔はそうだった。泥を吐くように理想論をぶちまけ、新たな知恵や知識を得る努力は一切していなかった。その生活は本能に近いもので、言葉通り“サルのような”生活を送っていたのかもしれない。随分と自分を安売りしてしまっていたように思う。
 
 
本を読むということは、最も効率的な自己投資の一つ。“自己投資”とは、一時的に支払ったとしても、後から何倍にもなって得やメリットが返ってくるということだ。
 
 
「10,000円あげるから、1,000円ください」

すると、誰でも1,000円支払うでしょう。

出ていく金額より、入ってくる金額のほうが大きいからです。

1,000円の本を読むことで、仕事に役立ち話題が豊富になり人脈が豊かになれば、いずれ10,000円の価値を生み出します。

本を読むのは、これと同じことなのです。

すべて投資です。

はじめに小さな損をして、後から大きな得を得ることができます。
 
引用元:本を買って読むのは「消費」ではなく「自己投資」だ。 | 本を読む力が強くなる30の方法
 
 
本を読む事で知恵や知識、技術、成功者の追体験ができる。そこで得たものを活かす事で、より大きな富を得ることができる。ただ、効果が表れるまでに時間がかかるため疎遠にされがちだ。

本を読む事で、次の日に年収が増えていることは無いだろう。しかし、5年後10年後にあなたが出世している可能性は十分にある。
 
 

逆に、本を読まないとどうなるの?

本をほとんど読まない人は、どうなっていくのだろうか。

私の経験則から言わせてもらえば「ハッキリとしない冴えない人」とか「愚痴ばかりで行動が伴わない人」に成り下がってしまう印象だ。

30歳前後になってくると、今まで通りの真面目さだけでは社会から評価されない。真面目さや誠実さと共に、“実際どれだけ社会に貢献している人物か”という視点で見られてしまうのだ。これは避けられない。

そういったとき、自分だけの経験や知恵では太刀打ちできない。自己啓発セミナーに行く必要までは無いが、ある程度は“成功や幸せの理屈”を知っておくべきだ。そうでないと、どうやったら今より成功するのか、どうしたら今以上にお客様を満足させられるか(幸せにしてあげられるか)が分からないのだ。

つまり、本を読まないとアラサー付近で人生詰み始める
 
 

忙しい人は「オーディオブック」を活用しよう!

「それでも忙しくて本なんて読んでる暇ねーよ!」という方はFeBeなどのオーディオブックを利用すると良い。本を音声化したMP3データを販売するサイトだ。値段は本とさほど変わらない。
 
満員電車など、本やタブレットを開きにくい場所でも学べる。寝る前に聞いたり、作業中に聞いても良い。とにかく耳さえ空いていればどこでも本を読む事ができる。

ジョギングやウォーキング、買い物時にも便利。とにかく時間を無駄にしないのだ。プロの声優やナレーターが呼んでいるので、めっちゃ効きやすいのも特徴。

今からでも遅くはない。本から遠ざかっている方は、今一度“自己投資”という意味での読書を意識してみては如何だろうか。もちろんAmazonや図書館などを利用しても全然OKだ。

【関連記事】

スポンサーリンク
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。