13 April

電子レンジで米が炊ける「ちびくろちゃん」は本当に10分でしっかり炊けるのか?【レビュー】

カクセー 電子レンジ専用炊飯器 備長炭入り ちびくろちゃん 2合炊き
 
先日の『「レンジでパスタ」を実際に使ってみたら、もう鍋調理には戻れない体になってしまった』に続き、気になっていた電子レンジ調理器具「 ちびくろちゃん」を使ってみた。

電子レンジで米が炊けちゃうなんて便利過ぎだろ!…と思いきや、意外と面倒な面もある。
 
スポンサーリンク

ざっくり結論から

  • しっかり炊くには30~45分程度必要。
  • 場所を取らないし、丸洗いできるのは便利。
  • 職場でも電子レンジがあれば炊ける。
  • 持ち運び時や捨てる時に楽。引っ越しでも負担にならない。
 
 

中身とスペックはこんな感じです


 
アマゾンにて1千円以下で購入できる「 ちびくろちゃん」。炊飯器具だけかと予想していたが、ヘラと計量器も付いていた。大きさは、一般男性が片手で持てる程度。小柄で持ち運びしやすい。

0.5合~2合まで炊けるので一人暮らしにピッタリ。一般的な炊飯器と同じく、炊き込みご飯や煮物、蒸しパンなども調理可能。
 
 

炊飯器よりも早く炊ける!?

結論から言うと、炊飯器とほぼ同じ時間が必要。特別早く炊けるわけでは無い

試しに“水の漬け置き”を省いて炊いてみたところ、米は硬いままで水を吸っておらず、びちゃびちゃな状態のまま温かくなっていた。


次は、説明書通りレンジ加熱前にしっかり水に浸した(約30分)。すると、米が吸った分の水が減っていることに気付く。10分加熱したところ、いつも通りの美味しいご飯が炊きあがった。

どうやら、水の漬け置きは省いてはいけないらしい。つまり、普通の炊飯器の早炊きと同じ程度の時間は必要ということだ。
 
 

味はどう?美味しく炊けるの?

めっちゃ美味い。我が家の旧式炊飯器を使うよりも全然美味いし食感も良い。

ただし、先に記したように、しっかりと漬け置きなどの手順を守る必要がある。
 
 

“炊飯器”と“ちびくろちゃん”どっちが良いのか?

ネオーブの「炊飯器 NM-SR03B」など、安いモノだと3千円程度で3合炊き炊飯器が買えてしまう。しかも、米を研いでセットすれば自動で炊ける。

一方、「 ちびくろちゃん」は水の漬け置き時間を計り、その後で電子レンジにセットし、加熱が終わったら更に蒸らす時間を計る必要がある。1千円以下で買えるとはいえ、手間を考えると炊飯器を買ってしまった方が良いとも言える。


そこで、「 ちびくろちゃん」だけのメリットを考察してみた。


まず、場所を取らない。筒形の弁当箱くらいの大きさなので、食器棚にも楽々収まる。コンセントも不要。丸洗いができるのも便利だ。

ちびくろちゃん」なら、電子レンジさえあれば、どんな場所でも米が炊ける。許可さえ下りれば、職場で米を炊くことだって可能。

そして、廃棄が楽な点も素晴らしいメリット。それは引っ越しのときに最大の効果を発揮。新居へ持っていくのも楽だし、捨てるのも楽。
 
これらが、従来の炊飯器にはないメリット。自分のライフスタイルに合わせて検討してみると良いだろう。
 
 

総評

ちょっと面倒だけど安いし手軽で便利なのが「 ちびくろちゃん」。部屋にモノを置きたくない人、できるだけシンプルな生活スタイルを目指している人にオススメ。2合までしか炊けないので、家族よりは1~2人暮らし向け。

ただ、想像しているよりも少しだけ面倒なので、上手く使えば便利といったところ。
 

【関連記事】

スポンサーリンク
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。