16 June

“嫉妬”や“怒り”は凄い便利な感情だから、消せないなら利用しよう

 
「ネガティブな感情はいけない…ポジティブにならなきゃ」とは分かっていても、捨てられない時は捨てられない。それが負の感情というものですよね。その中でも特に厄介なのが“嫉妬”とか“怒り”などといった感情。

そういったものと無縁な生活ができたら素敵ですが、どうしても消し去れない場合は、逆に利用しちゃいましょう。
 
スポンサーリンク

世間的には“悪い感情”とされているけど…

嫉妬や怒りの感情は、基本的に“悪い感情”とされています。世間では何事も穏便に済ませることを美徳としますし、自己啓発本の類いにも『嫉妬や怒りは消し去りましょう』などと書かれていたりすることって多いですよね。

たしかに、負の感情を抱かない方が絶対に幸せです。ただ、世の中には、ネガティブな感情を消したくても消せない人って必ずいるんですよ

嫉妬や怒りの感情を捨てられない人って、遠目から見ると“傲慢”とか“感じが悪い人”と思われがちですが、本人は至ってナイーヴだったりします。好き好んでマイナスなきもちになっているわけではないんですよ。誰も見ていない所では、けっこう自己嫌悪しちゃってたり。

でも、“嫉妬”や“怒り”って、そこまで悪い物でもないんですよ。いや、生成発展していくためには、むしろ適量は必要なものだったりします。

 

負の感情は“行動”を奮起させる

 
 私は、お弟子さんたちに、「デール・カーネギーの『人を動かす』という本を、七回読みな」って言っています。
 みんな七回読みますが、本の内容がモノになる人と、ならない人がいるんです。
 いまから、モノになるコツをお教えします。
 コツはね、「気愛」なんです。
「気愛」を入れて読むんです。
 ただ「気愛を入れて読む」と言っても、どうやって気愛を入れていいのか、わかりませんよね(笑)。
 では、気愛を入れるコツを教えます。
 こう思って読むんです。
「ふざけるな!」
 この気持ちがポイントなんです。
 あなたのまわりを見渡してみて、気に入らない人がいたら、その人を思い浮かべながら、
「このヤロウ、ふざけるなよ!」
「いつか、やっつけてやるからな!」
 その思いを込めて、『人を動かす』を読む。そうすると、本の内容がどんどん自分の中に入ってくるんです。
 
引用元:強運
 
 
嫉妬や怒りの感情が消えない人って、いつもイライラしてますよね。周囲に“気に食わないヤツ”がいるんですよ。

で、一般的に、気に食わないヤツに一泡吹かせてやるって考えると、なぜか陰険な方向に行っちゃうんですよね。嫌がらせしたりとか、酷い場合は犯罪を犯してしまう人もいたり。それは間違いです

そうではなくて、「強運」にも書いてある通り、ムカつく“クソ野郎”の事を考えながら、一生懸命勉強するんですよ。ムカつくヤツに復讐するために、いけ好かない野郎に仕返しするために、自分が成長しちゃうという考え方。これをやるためには、“嫉妬”や“怒り”などのマイナス的感情を持っている方がはかどります。

これ、かなり良い方法ですよ。ムカつく相手のことを考えながら、「あいつには絶対負けたくない、合法的に目にモノ見せてやりたい」って思いながら勉強すると、ものすごい勢いで頭に入ってきます。一種の危機感のようなものが上手く働いて、自然と要点を覚えようという意識になるんですね


ここまで読んでお気づきの方も多いと思いますが、私自身もネガティブ感情を捨てられない人間です。万年イライラしてます(笑)。理屈では“悪い感情だ”と分かっていても、捨てられないんですよ。だって、意味わかんない奴が、少し成功したからって調子乗ってたらムカつくじゃないですか。理不尽なことをされたら腹立ちますよ。“嫉妬”や“怒り”は、捨てようと思って捨てられるほど単純なものじゃないんですよね

だからこそ、この感情を活かすべきです。どーせ消えないんだから、自分の成長に利用しちゃいましょう。不幸中の幸いで、ネガティブな感情というのは、積もりに積もると、行動力を上昇させる作用があります。けっこう激しく上昇します。

ここで犯罪に走るのは全く意味がありません。そうではなく、このやりきれない衝動を利用して、自分が成長しましょう

よくアーティストなんかがインタビューで、「今は売れっ子バンドになりましたけど、昔は荒れてました」って言うじゃないですか。これも、負の感情を上手く利用した結果です。嫉妬や怒りは、自分に向けて爆発させると凄く便利なんです。


繰り返しになりますが、嫉妬や怒りは無い方が絶対良いです。ただ、どうしても捨てられないなら利用しましょう。『ムカつくヤツを考えながら、必死で勉強する』これだけです。

勉強する一番良い方法は“本を読む”ことです。もちろんkindleでもOK。1冊500~3,000円程度で、大学の講義と同じくらいの知識を得ることができます。1,500円の本を100冊買ったって15万円ですよ。年間100万円もかけて専門学校行くよりよっぽど建設的です。


どんな勉強をしたらいいのか分からない場合は、Amazonの本ランキングを参考にするのもアリですよ。リンク貼っておきます。
Amazon 本ランキング

「本を読む時間が無い」と言う人は、本を音声化したオーディオブックが便利。小説からビジネス書まで幅広く取り揃ってます。
本は“耳で”聴く時代へ!オーディオブックのFeBe(フィービー)

節約したいなら古本と言う手もありますよ。
日本最大級のオンライン中古書店 ネットオフ
 
スポンサーリンク

【関連記事】

 
スポンサーリンク
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。