デタラメな音楽の教科書

君の栄えある音楽家への道を、デタラメにサポート。

ギタリストがStudioOne3付属のプラグイン・エフェクトをざっくりと解説レビューしてくぞ

Studio One 3 Professional 日本語版
 
先日「 Studio One 3 Professional 日本語版」を購入したので、使ってみたプラグイン・エフェクトをギタリスト視点でレビューしていきます。超ざっくり。
 
スポンサーリンク

ディストーション系

ディストーション・ドライヴ系のプラグインエフェクト。かなり充実しているので、ギタリスト兼作曲家の私としては嬉しい限り。

Ampire


 
ギター&ベースのアンプ・シミュレーター。ヘッドアンプもキャビネットも一通りそろっているので、クリーンからハイゲインまで出力可能。

デフォルトの他に「LegacyAmp」というものがあります。恐らく、人気のある名機をモデリングしているものだと思うのですが、これが結構な数のレパートリーなんですよ。ギタリストとしては中々テンション上がる。

ペダル・エフェクターが付いているのも素晴らしいポイント。見た目が実機に近いので、直感的に操作できます。特に左から2番目のオーバードライブの使い勝手は最高。チューブ・スクリーマーのような感覚ですね。

StudioOneとは別にAmpliTubeも購入しないとギターアンプはキツかな…って思っていたのですが、しばらくはこれを使ってみようと思います。

ベースアンプは音は良いのですが種類が少ないので物足りない感じ。場合によってはフリーVSTの“TSE BOD”を使った方が無難で手軽かもしれません。

関連記事:無料でSansAmpの音が出せるベース用フリーVST「TSE BOD v2.1.0」の解説レビュー
 

RedlightDist


 
ディストーション。赤くカッコイイ見た目が印象的なコイツ、かなり使いやすいです。

歪み系等は6種類ほどあって、ソフトでホットなドライブから、破壊的な歪みサウンドまで手広くやってくれます。Tube系のみならず、ファズやトランジスタ系も網羅。

Frequencyはローパス、ハイパス。原音とのミックスも可能。

ウインド系、ストリングス系、ドラム…など、色んなインストゥルメントに温かみとアナログ感を与えてくれます。めっちゃ使う。

 

ディレイ系

Beat Delay


 
シンプルなデジタル・ディレイ。

Widthを変更することでモノラルとしてもステレオとしても使えるんですよね。
Crossで左右どちらかのディレイ音を遅らせることができるので、ダブリングに使ったり、オフマイクをシミュレートしたりするのに使えそうです。

Pingfactorをいじるとピンポン・ディレイになり、音を手軽に広げられます。メインメロディに使ったり、音をファットにしたり、多人数での演奏をシミュレートしたり…と色々できそう。

 

リバーブ系

Mixverb


 
シンプルなリバーブ。得られる効果は平凡ですが、とにかく使いやすい。

Sizeノブがメイン。Dampで減退の加減が出来ます。Widthも付いているので、横の広がりを抑えることも可能。実音とエフェクト音の間にGateを挿入できるのが面白そう。
 

OpenAIR


 
主力リバーブ。効き具合がとても気持ち良いです。

ツマミが多いですが、プリセット数が物凄く沢山あるので無知でも問題ありません。LengthとMixだけ調整すれば仕事してくれます。

 

マスタリング系

Multiband Dynamics


 
マルチバンドコンプ。周波数帯を5つに分割して、各々に独立したコンプをかけられます。アウトプットに関しては、LowとHighに分かれたスレッショルド設定が可能。

多機能なのは分かるんですが、初心者には敷居が高いですね。が、プリセットをあてるだけでそれっぽくなるので、マスタリング時に“とりあえず”で使っても悪くないかも。
 

Tricomp


 
驚きのシンプルさを誇るマスタリング・ツール。細かい設定はできませんが、割と滑らかに効くので使えるんじゃないかと思います。

左側はEQ。LowFreqで設定した数値以下の音域をLowノブでブーストしたりカットしたりします。Highはその逆。

真ん中の大きなノブでコンプの聴き具合を設定。スレショなのかレシオなのか分からないんだけど、とりあえず右に回せば効きは強くなります。一応サチュレーションもあり。ザックリいきたい時は重宝しますね。

 

ミキシング系

ChannelStrip


 
書籍「Studio One 3ガイドブック 〜進化した次世代DAWソフトの入門書」の説明書きによれば、チャンネル・ストリップとは『アナログミキサーの1チャンネル分の機能を仮想化したもの』なんだそうです。その説明通り、このプラグインを使うだけで、トラックをザックリまとめ上げる事が可能。

機能はコンプレッサー、エキスパンダー、3バンドEQ。グルーヴ感と音色をコレ一つで設定できるのが非常に便利。でも細かい設定は無理。コンプ系のインジケーターが分かり難いのがちょっとマイナス。
 

FatChannel


 
これもチャンネル・ストリップに分類されるらしいです。左からローカット、ゲート、コンプ、4バンドEQ、リミッターと並びます。

上記のChannelStripと似てますが、エキスパンダーではなくゲートでグルーヴ感をいじったり、ケツにリミッターが付いていたりと微妙に使い勝手が変わってきます。

名前の通り、音を太くする時に挿入すると便利そうです。
 

ProEQ


 
5バンドEQに加え、ハイカットとローカットを独立して実装。合計7バンドも使えちゃうパラメトリックEQ。これを買う以前は4バンドEQしか持ってなかったんで、めっちゃ使いやすくて感動してます。

構造はシンプルなので、見たまんまで使えるかと。

 

ダイナミクス系

Compressor


 
スタンダードなコンプレッサー。普通に使えると思います。Releaseのadaptiveをオンにすると、とても滑らかに解放してくれるので、さほど知識が無くても違和感なく仕上げられるのが嬉しいポイント。

チャンネル・ストリップ系についているコンプは簡易的なものなので、しっかり設定したいならコレ。

右下のサイドチェーンは、エフェクトONのきっかけを他トラックに委ねる時に使うらしいですが、使い時がまだ分かりません。
 

Limiter


 
普通のリミッター。フリーVSTのW1Limiterを高性能にしてリダクションメーター付けた印象。

関連記事:フリーVSTプラグイン「W1Limiter」がどんなものかレビューしていく【無料で使えるリミッター/マキシマイザー】

 

Melodyne Essential


 
Melodyne Essentialでは、ピッチやタイミングを強力に補正できます。波形を自動で読み取ってMIDIノートのように分割してくれるので、ドラッグするだけで任意の音程に補正できます。

違和感はほとんどありません。こんなん誰でも歌上手くなっちゃうじゃん…ってレベル。ギター音の微調整などにも使えます。タムタムで12音階を作って、テリー・ボジオのような変態ドラムプレイとかもできます。可能性が広がるぜ。

こんな強力なツールがデフォルトで付属しているStudioOne、お得過ぎる。

 

おわりに

他にも色々なプラグイン・エフェクトが付属しているんですが、いかんせん全部は使いきれてないんですよね。モジュレーション系とかは今のところ全く手を出してなかったり。

そこら辺、使ってみたら追記していこうと思います。

StudioOneの購入はこちからかどうぞ。
Studio One 3 Professional 日本語版(USB edition)

Melodyne Essential単品の購入はこちら。
MELODYNE 4 ESSENTIAL
 
スポンサーリンク

【関連記事】

 
スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スポンサーリンク

このサイトについて

管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
音楽で生きていく事を10年目指して失敗した人。
もう失うものは無いので、自由に活動しています。
→もっと詳しく。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

スポンサーリンク

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。