26 July

初心者のためのオススメなパーティー編成攻略【フラワーナイトガール】

 
★5以上の花騎士がそろってくると、一気にパーティー編成が楽しくなるのがフラワーナイトガール。今回は、実用的なパーティー編成を解説しながら紹介してみました。
 
スポンサーリンク

もくじ

  1. 火力重視型
  2. スキル発動率アップ型
  3. カウンター型
  4. 回避型
  5. ソーラードライブ特化型
  6. レイド・レベルアップボス特化型
  7. デバフ型
  8. 防御力重視型
 

火力重視型


▲ 画像クリックで拡大表示

組み合わせ方

  • 攻撃力アップ系アビリティを優先して配置。

特徴

メンバー全員の攻撃力を上げまくる脳筋型。

シンプルでクセが無いので、状況を選ばずに活躍してくれます。画像のパーティーだと最大73%まで攻撃力アップと強力。攻撃力アップ系のアビリティは所持しているキャラも多いので、比較的組み立てやすいというのもメリットですね。

“自軍が必ず先手を取れる”というゲームシステムを味方につけた「攻撃は最大の防御」を地で行くスタイル。やられる前にやる事で被ダメージの軽減に成功しています。

ローレンティアやオキザリスなど、パーティーの攻撃力を上げつつスキル発動率アップもしてくれるキャラクターを混ぜると凄まじく使いやすくなります。編成に迷ったらコレですね。

デメリット

特に無し。強いて言えば、直球過ぎる性能なので面白味に欠けることくらい。

 

スキル発動率アップ型

 
▲ 画像クリックで拡大表示

組み合わせ方

  • スキル発動率アップ系アビリティを優先して配置。

特徴

攻撃力ではなく、スキルを沢山発動させることでダメージ量を増やすタイプ。仮に全員が“スキル発動率1.2倍”を所持していた場合、発動率は常に2倍。かなりの頻度でスキルが発動します。

シンビジュームが特に強力なのは有名。初手だけではあるものの、彼女一人だけで発動率を2倍まで押し上げるという驚きの効果。その他、デンドロビウムやエピデンドラムなどは自分だけにしか効果がありませんが、それでも強力です。

所持しているキャラクターが比較的多いので、揃えやすいメリットもあります。

デメリット

イベ金キャラやシリアルコード特典キャラには“スキル発動率アップ”を持っているキャラが比較的多く存在します。これらは簡単に入手できる反面、性能は控えめ。彼女たち中心で組むと、イマイチな性能になってしまうこともあります。

場合によっては発動率だけを上げるより、攻撃力アップと併用したほうが強くなったりも。ここら辺は好みで調整すると良いと思います。
 
スポンサーリンク
 

カウンター型


▲ 画像クリックで拡大表示

組み合わせ方

  • カウンターアビリティを優先して配置。

特徴

カウンターによりダメージソースを増やしていくスタイル。

状況によっては、2回攻撃をしてくる敵の2発目を阻止できる。全体攻撃をしてくる敵には、被弾した全員からのカウンターダメージをお見舞いできたりも。なにかとテクニカルな効果を期待できます。

カウンターダメージは防御力依存なので、防御力アップアビリティや装備品などで守りを固めると攻防共に強化できて一石二鳥。

デメリット

被弾する事で真価を発揮するため、瞬間火力は控えめ。長期戦にもなりがちで、他の編成に比べると強みが後手に回りがちなのが玉に瑕。

 

回避型


▲ 画像クリックで拡大表示

組み合わせ方

  • 回避アビリティを優先して配置。

特徴

“当たらなければ、どうということはない”を地で行くスタイル。

回避が発動さえすれば、どんなに強力な一撃も無効化。レイド、レベルアップボス戦、極限任務などの高火力な敵に対して特に高いパフォーマンスを発揮します。

スイレンやカタバミ(七夕)など、“回避+HP吸収”ができるキャラは生存率が格段に高いです。回避し損ねて被弾したダメージを自己修復することができ、なかなか撃沈しません。

デメリット

各キャラクターのアビリティ枠の1つを回避で埋めてしまうため、どうしても火力は控えめに。決定力不足は否めません。

 

ソーラードライブ特化型


▲ 画像クリックで拡大表示

組み合わせ方

  • ソーラードライブ効果アップ系アビリティを優先して配置。

特徴

通称ソラパ。画像のパーティーは★5のみで編成していますが、ソーラードライブのダメージは148%アップ。つまり、約2.5倍のダメージ量を叩き出します。

3万ダメージほどの追撃を敵全体に放てるので、戦況を一変できるといっても過言ではない威力ですね。

シャインクリスタルのドロップ率アップ系のアビリティや装備と組み合わせるとサクサク撃てます。また、シンクライリアナなどの「ソーラードライブ発動回数に応じて攻撃力アップ」を持つキャラとも相性が良いですね。

デメリット

ソーラードライブは発動できるタイミングが限定的なので、流れが悪いと不発に終わってしまうこともあります。ソーラードライブを撃てなければ平凡な性能に成り下がってしまうので、うまく調整したいところ。

 

レイド・レベルアップ系ボス特化型


▲ 画像クリックで拡大表示

組み合わせ方

  • 対レイド(レベルアップ)ボス戦で攻撃力アップ系アビリティを優先して配置。

特徴

レイド、レベルアップボス戦のためだけに編成するパーティー。

レイド・レベルアップボス限定のバフ効果は上昇率が非常に高い傾向にあります。画像のパーティーでは、レッドチューリップとオトギリソウが大幅な底上げを担っていて、最大で攻撃力93%アップ。中々お目にかかれない数値ですね。

ターン制限付きのレベルアップボス戦、レイド系イベント後半の強力なレイドボスの駆逐などに最適です。

デメリット

現状では、レイド系とレベルアップボス系のイベント以外では使い道がありません。実に惜しい。

 

デバフ型


▲ 画像クリックで拡大表示

組み合わせ方

  • 攻撃力ダウン系アビリティを優先して配置。

特徴

敵の攻撃力を下げて自軍を生存率を上げ、長期戦に持ち込むタイプ。メンバーのうち2~3人だけでもデバフを持っていると、被ダメージが目に見えて軽減されるのが体感できます。

メンバー5人全員をデバフキャラで固めた場合、反則級の強さになるそうです。一説によれば、レイド系イベント後半に出てくる強力なレイドボスを1パーティーで倒せてしまうこともあるんだとか。

FFTのオルランドゥ的な感じですね。

デメリット

めちゃくちゃ強い編成なのですが、デバフアビリティは所持しているキャラクターが非常に少ないのが現状。反則級になるまで揃えるには、運か財力か、あるいはその両方が必要かもしれません。
 
スポンサーリンク
 

防御力重視型


▲ 画像クリックで拡大表示

組み合わせ方

  • 防御力アップ系アビリティを優先して配置。

特徴

1~2人程度だと効果が薄いですが、メンバー全員で防御力をアップさせると中々の鉄壁具合。明らかに被ダメージは減りますし、頻繁に防御を発動するようになります。アイテムで防御力をアップさせると更に頑丈になりますね。

デバフ型には及びませんが、キャラクターや装備を揃えやすいので簡単に構築できます。

デメリット

どうしても中途半端さは否めません。生存率はアップしていますが、回避型やデバフ型に比べると魅力が少なく、火力も控えめ。

防御システムの実装により利用価値が高まった防御ステータスですが、優先順位的には高くはないようです。上手くカウンター系と組み合わせられれば強力になりそう。 
スポンサーリンク

【関連記事】

 
スポンサーリンク
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。