20 August

作曲家が音楽制作サービスをココナラで売ってみて使用感をまとめた【レビュー】

 
ココナラを利用して約6ヵ月。BGM制作や作曲、編曲、ミックス・マスタリングなどの音楽制作サービスを提供してみた感じをレビューしていきます。
 
スポンサーリンク

まずはココナラをざっくり3行解説

  1. クリエイターのフリーマーケット。
  2. 登録は無料で、売上から3割ほど手数料をとられる。
  3. 500円からのお手軽感。
 
以下、詳しく解説していきます。
 

決済をココナラが代行してくれる安心感

作曲家に限らず、フリーランスのクリエイターとしては“報酬の支払い”はトラブルの種になりやすいもの。個人間でのやり取りの場合、ほとんどは後払いが多いですよね。

ココナラ“前払い”になっていて、購入後からやり取りが開始されます。踏み倒される心配がありませんから、クリエイターとしてはとても安心ですね。

支払われたお金はサイト側が一時的に預かっていて、納品完了後にクリエイターへ支払われます。

 

クリエイター側“だけ”が取引キャンセルできる

場合によっては購入後に条件が合わなくなったりもしますよね。そんな時は取引をキャンセルすることができます。支払われたお金は全額返金されるので、購入者とのトラブルの可能性は低いです。現に私はキャンセルによるトラブルは一回もありませんね。

また、取引をキャンセルできるのはクリエイター側だけ。購入者がキャンセルすることはできません。全額返金を利用した悪質な行為は出来ない仕様になってるんですね。

 

依頼をテンプレート化できてラク

ココナラはサービス購入後、非公開の専用チャット“トークルーム”だけでやり取りをします。逆に、トークルーム以外でのやり取りは禁止されているんですね。なので、依頼の進行はある程度テンプレート化されるのでラクです。
 
【依頼の主な手順】
  1. 出展したサービスが購入される。
  2. トークルームでミーティング。
  3. 制作&リテイク。
  4. 納品しトークルームがクローズ。
  5. クリエイターへ入金。
 

やり取り履歴が残る

前述の通り、ココナラでの取引はトークルームだけで完結します。で、このトークルームのログはずっと残るんですよ。これにより納品後の「言った、言わない」のトラブルを回避できます。

納品完了した取引に限らず、DMやキャンセルした取引のログまで全部残ります。相手の発言は勿論、自分の発言すら削除できません。事実関係が明確に残るのは非常に嬉しいですね。

 

領収書は発行する必要なし

領収書だけに限らず、あらゆる書類は発行する必要がありません。代わりにココナラが領収書を発行してくれます。恐らく、クリエイターと購入者の、どちらもココナラを相手に取引をしているからだと思われます。

見ず知らずの人に領収書を発行するとき、どうしても個人情報を記載しなければならないので、ちょっと不安ですよね。そこらへん、ココナラが代行してくれます。

また、個人情報は公開を控えるように運営が促しています
 
 
安心して取引できますか?

購入者と出品者のやり取りは、2人だけが見られる専用のページで行われますので、その内容が第三者に見られることはありません。

なお、購入者と出品者の間で、メールアドレス、電話番号、住所などの個人情報の交換は、安心して取引を行うためにお控えください。また、実際に会うこともお控えください。

また、トークルームがクローズするまではココナラで代金をお預かりし、クローズしてから出品者にお渡ししております。万が一、キャンセルや不履行となった場合は、それぞれの決済手段に応じて返還させていただきます。
 
引用元:安心して取引できますか? ココナラヘルプ
 
 
この観点からも、個人情報が必要な領収書や発注書などの書類は、現物であれデータであれ発行の必要は無い…というか、してはいけませんね。

 

運営のサポートめっちゃ丁寧

私は2回ほど運営に問い合わせをしたことがあります。これが凄く丁寧でびっくり。しかも返信は24時間以内に返ってきます

大手の某音楽ソフトメーカーに問い合わせをしたときは7日くらいかかったのに比べると、驚きの早さですよ。

 

デメリットは?

気をつけなければならないのが、初めは500円のサービスしか販売できないという点。5件以上の販売実績などの条件を揃えることで“出品者ランク”がアップし、色々な値段設定ができるようになります。音楽制作は基本的に相場が高いので、初めは苦労するかもしれません。

出品者ランクが低いと“有料オプション”と呼ばれる追加報酬機能も使えないので、細かいオーダーに対応するのが難しいということもあります。

私の場合、はじめは「90秒以内+権利譲渡無し」という条件に限定してオリジナルBGM制作を提供していました。

 

ワンコイン?安心?匿名可?

ココナラの売り文句である「ワンコイン」「安心・安全」「匿名可」について解説していきます。
 

ワンコイン

広告などの効果のためか、「ココナラと言えばワンコイン(500円)」というイメージが強いようです。私の場合、500円でBGM制作していた時は月に15件ほどのオーダーがありましたが、3,000円に値上げしたらガクっと減りましたね。やはり安い方が客数は増えます。サービスは複数出展できるので、創意工夫していく必要がありそうです。
 

安心・安全

個人同士でのメールやツイッターのやり取りよりは、明らかに安全で安心できますね。クライアントとクリエイターの間に仲介役がいるというのは本当に便利です。
 

匿名可

なので、匿名での購入・出展ができます。PNとかでもOK。ただし、プロフィール内容が無かったりすると明らかに印象が悪いです。プライバシーを守ったうえで、できるだけ丁寧なプロフィール作りや自己紹介などが吉かと。

 

まとめ

まとめると「手数料を払って雑務を委託」している感じです。依頼受付のフォーマットや決済代行、領収書の発行…などなど、音楽制作以外の面倒な雑務の手間が省けます

『手数料が高い』などといった意見も耳にしますが、私はそんなことないと思うんですよ。だって、売上の6割を持っていくBGM販売サイトだってあるんですよ。それに比べたら良心的過ぎます。

依頼件数は確実に増えました。今まではツイッターや個人サイトの依頼フォームだけで募集していたんですけど、やっぱり芳しくないんですよ。ココナラに出店してからは色々な方にご利用頂けて嬉しい限りです。

全体的な使用感としては“フリーマーケット”に近いので、プロというよりは、技術を持ったアマチュアのクリエイターが活躍しやすい場ですね。現に、はじめて6ヶ月程度の私も出品者ランク“エキスパート”が目下に迫っています。

登録やサービス出展は無料。リンク貼っておきますので、気になる方は登録してみてはいかがでしょうか。
ココナラ

 
この記事の筆者である松下健一(CrimsonBoots)が出品しているサービス&プロフィールも載せておきますので、参考にどうぞ。
CrimsonBootsプロフィール - ココナラ
 
スポンサーリンク

【関連記事】

 
スポンサーリンク
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。