デタラメな音楽の教科書

音楽での成功を目指し、夢破れた者だからこそ見える視点がある。

フリーのピッチ補正ソフト使い比べレビュー【VocalShifterLE / KeroVee】

 
近日、久しぶりにボーカルトラックを扱った某プロジェクトの作業がありまして。それはもう低予算な環境なのでピッチ補正ソフトなんて持っていないんですね!なので、歌ってみた動画で定番と噂のフリーソフトを導入してみました。
 
試したのはVocalShifterLEKeroVee。今回はボーカルの自然なピッチ補正を目的として使用しました。
 
スポンサーリンク

VocalShifterLE

VocalShifterLEのダウンロード ]
 
結果的にこちらのみを使用してマスター音源を製作しました。これ凄いです(安直)。



噂ではDAW付属ソフトと同程度の性能があるなんて聞いていたので半信半疑で試しましたが、無料にしては素晴らしく自然に補正してくれます。


自動で。


そうなんです、範囲を選択して自動補正クリックするだけで勝手に良くなります。公式サイトのうたい文句である「フォルマントを保った自然なピッチシフト」が可能です。


ただ、自動補正機能はクロマチックスケール上の一番近い音に近づけるように作用するようです。ボーカルが極端にズレている場合、想定しているダイアトニックスケール上にはない音へ補正され、時としてアボイドノートとなるため注意が必要で、状況に応じて手動で補正します


この手動補正もかなり簡単で、鉛筆ツールで線を引くだけ。クロマチックスケール上のみにフォーカスさせることができるのでマウスでも難なく補正線を描けます。


このソフトはVSTではなく単体で動作するソフトウェアですが、トラックの概念があるため、カラオケ音源と一緒に再生しながら補正具合を確認することが可能。
ミクJAM海賊団(仮名)色々講座と作品集さんの記事によるとシェアウェア版はVST対応だそうです。


と、VSTとして使用できない事意外は特に欠点がないです。とにかく補正がナチュラルなので、高額なAuto-Tuneを買うまでの繋ぎとしてオススメですし、他にも色々とできる超優秀なフリーソフトです。
 
 

KeroVee

KeroVeeのダウンロード ]

名前からもお分かりのとおり、ケロケロボイスを出すためのソフト。近年「自然な音程補正への対応も強化」と公式に書いてあったので試してみました。



特徴はとにかく簡単、楽。一度設定したら、あとは自動で補正します。また、このソフトはVSTとして機能するのも扱いやすい点でした。

手順は、スケールを指定し、補正の効き具合を設定する・・・それだけ。ボーカルの音程を指定スケールの中で一番近い音へ補正。あとは補正スピード・ビブラート・補正量・・・の3項目を0~100の値で設定。


使ってみたところ、強化されたとはいえ「自然な音程補正」は少し厳しい気がします。補正スピードを上げるとケロってしまうし、下げると補正し終わる前に音が終わってしまう。

補正量は100で100%補正なので下げすぎると絶妙に気持ち悪い音程へ補正されてしまうし、上げるとケロる。もしかしたら私の使い方が悪かったのかもしれませんが、上手く補正できなかったので今回は使用しませんでした。

ただ、ケロケロボイスは面白いくらい上手く作れます!フォルマントを変えたり、トランスポーズやバイパスした原音をミックスをしたりと、機能的には面白いと思うので、万能ではないですが用途によって効果を発揮するのではないかと感じてます。
 
 

まとめ

【VocalShifterLE】

正直、無料とは思えないクオリティの高さ。アマチュアバンドや同人音楽シーンなら十分通用するレベル。それくら良く働く。高価なソフトウェアを買う前の勉強にも最適。
 

【KeroVee】

操作が劇的に簡単。VSTとして組み込めるのも便利。その名の通りケロケロボイス作りに強い。
 

【おわりに】

音楽の機材やソフトウェアが安くなり、誰もが宅録を始めやすくなりました。しかし、お金は降ってきませんから、片っ端から揃える事は個人では難しいですよね。

そんなときは、フリーソフトを使っても全然良いと思います。そんで、自分の音楽が売れたらそのお金でちょっと良い機材を追加すると。

今後も機会があったら音楽関連のフリーソフト紹介していきたいと思います。

【独学でボーカルを上達させるために】

 
スポンサーリンク

【関連記事】

 
スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スポンサーリンク

このサイトについて

管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
音楽で生きていく事を10年目指して失敗した人。
もう失うものは無いので、自由に活動しています。
→もっと詳しく。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

スポンサーリンク

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。