デタラメな音楽の教科書

君の栄えある音楽家への道を、デタラメにサポート。

バイト帰りの缶コーヒーが美味しくて、ふと思った。こんなはずじゃなかった。

夢に破れた32歳フリーターのメンタルは脆いよ。男の子だけどすぐに泣いちゃうよ。

夢と現実が違い過ぎる

このあいだ、バイト先で色々あり過ぎて、ほんと疲れ切っちゃったときがあったんですよ。その帰り道、130円の缶コーヒーを買って飲んだんです。

その缶コーヒーが、
本当に、
本当に美味しくて、
凄く心が軽くなって、
そして思いました。

ぼくの人生、こんなはずじゃなかった。
 
スポンサーリンク
 
時給950円バイトでの疲れを缶コーヒーで癒やす人生を送りたいわけじゃなかった。
もっと色々やりたいことがあった。
もっと夢や理想があった。

ぼくが20歳のとき、10年後にこんな風になってるなんて思ってなかった。

 

でも、べつに本気でやりたい事なんて無かった

じゃあ、ぼくが本当にやりたい事ってなんだろうって考えた時、あまり思い浮かばないんですよ。今まで散々「音楽めざず!」「ブログで収益!」とか言っていたのに、よくよく考えるとちょっと違う気がする。

それで分かったんですけど、自分自身との対話が少なすぎたんだと思います。

ぼくは自分を蔑ろにするのが得意なんですよ。自分が好きじゃないって言うか、自分を邪険に扱ってしまうというか。

つまり、自分を本当に分かってあげる努力をしていなかった感が否めない。だから、缶コーヒー飲んだだけで「こんなはずじゃなかった」と涙がこぼれてしまう。

自分との対話がないってことは、偽りの人生を生きている可能性が非常に高い。
自分が思ってもみないような、全然望んでいない人生を歩んでしまっているかもしれない。

それは生き地獄だよね。
だから、自分の事は自分がしっかりと分かってあげないとダメなんだって、改めて感じたね。
 
スポンサーリンク
 

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スポンサーリンク

このサイトについて

管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
音楽で生きていく事を10年目指して失敗した人。
もう失うものは無いので、自由に活動しています。
→もっと詳しく。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

スポンサーリンク

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。