デタラメな音楽の教科書

音楽での成功を目指し、夢破れた者だからこそ見える視点がある。

ちょっと反響があるとスグに“つけあがる”から夢に破れた32歳はやっぱクソ

昨日か一昨日か忘れたけど、もう自暴自棄になっちゃったのかってくらい嘘偽りのないブログ記事を書き始めました。そしたらなんかツイッターで色々反応してもらいました。これでつけあがっちゃうから32歳フリーターはクソ。

ツイッターの反応


 

 

 

 
 
 
スポンサーリンク

ここで“つけあがる”のが昔の俺だぜ

反応を頂いて思い出したんですけど、以前にもこういう経験が何度もありました。

ライブやっていたときは、クソみたいなバンドでしたが固定客がついたりとか。
同人音楽やっていたときは、年間150枚くらいはCD売れてたりとか。
ぼくの作品のレビュー記事かいて頂いたりとか。
ココナラで販売伸びたりとか。

そういう、ちょっとした反響や、ちょっとした成功は以前にもあったんです。
じゃあ、どうしてそこで活動が伸び悩んだのか。

ぼくみたいな中途半端な人間は、それくらいで大満足しちゃってたんですよ。
あたかも武道館ライヴをやりきったよな達成感。
小さな成功を、一世一代の大成功のように誇張しちゃうクセがあったんですよ。


メンヘラだったのかな?
良い事も悪い事も、もの凄い誇張しちゃうんですよ。
そして今回みたいに良い事があったら「俺って凄い、やっぱり俺は間違ってなかった」みたいなツマンネー優越感に浸る。
ほんと、しょーもない。

優越感に浸っているので、それ以上成長していかなくても良かったのかもしれない。
そうやって、ちっちゃな成功を大きな成功だと錯覚し、自分をダマして生きてきたのかもしれない。


今回も、バイトから帰ってきたら反応が沢山あって、嬉し過ぎて泣いた。
だけど、ここで優越感に浸ったら、クソみたいな歴史を繰り返す。
そんなメンヘラな人生は絶対に避けたい。

10年もダラダラと夢を目指すような人間は、ちょっとおだてるだけで喜ぶ“大人子ども”。
気を引き締めて断末魔を書き続けてまいります。

色々と反応ありがとうございました(←結局これが言いたかっただけ)。
 
スポンサーリンク
 

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

このサイトについて

 
管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
 
音楽を目指して約10年。32歳フリーターになってしまった松下健一の断末魔的ブログ。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
お問い合わせ専用メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。