04 December

フリーターとして職場を転々をして10年が経ったけど、どこに行っても何も変わらなかったわ

夢実現のために時間が欲しくてフリーターやってたわけですけれども、しばらく働くとバイトリーダー的な立ち位置になっちゃうわけ。そうなると音楽活動にも支障が出てきたりするんで、条件が悪くなるたびにバイト先を変えていたんですよ。

いくらバイト先を変えても、何も変わらない

音楽活動を最優先するために、条件の合うバイトに応募しているはずなのに、一向に活動が捗る気配が無い。これが凄い不思議なんですけど、どれだけ条件の良いバイトを見つけても、何も変わらないんですよ。

ぼくは以前、コンビニで副店長をやっていた時期がありました。3年くらい働いたかな。そのときの労働環境が悲惨過ぎて、ほぼ毎日出社&12時間以上労働あたりまえだったわけ。だからバイト先を変えたんですよ。こんなにバイトが忙しくちゃ音楽活動なんてできない

で、かなり条件のよいバイト先を見つけたんですよ。時給は950円スタートで、1か月前に申請すれば公休は希望通り取れました。毎月12~13万円程度を稼ぎながら、あとは自由に音楽活動に打ち込めたわけです

最高じゃないですか?
もう最高の環境ですよね?

だけど、それによって音楽活動がどのように変わったかと言えば、何も変わりませんでした。
 
スポンサーリンク

ホントに音楽好きな人は忙しくてもやる

そういう“バイト転職”を何度もやりました。でも何も変わりませんでした。なぜかって、ぼくは音楽をそこまで真剣にやりたくなかたんですよ

これは今だから分かる事で、当時はそんなの気づきません。もう音楽で稼ぐために全力をだしている“つもり”でした
だから、自分が思うように音楽活動ができていないのは、バイトに拘束されているからだとマジで思ってました。

ただ、音楽が本当に好きな人って、時間が無くてもやるんですよね
だって好きだから、勝手に体が動くわけで。
時間が無いとか、そんなのどうでもいいわけで。

でもぼくは、なにかと理由をつけて音楽から逃げていたんですよ
今回の件で言えば、自分の音楽活動がうまくいかない理由をバイトのせいにしていたんです。


え、なにそれ、超バカじゃん。

そう思いますよね?ぼくも今はそう思います。でも、当時は全然気が付かなかったんですよ。本当に自分を客観的に見ることができなかった。そして、本当にやりたい事は何かを探す努力をしなかった。自分自身との対話をサボっていた


もし、ぼくと同じように仕事先をコロコロと変えている人がいたら、自分と向き合ってみた方が良いかもよ。ほんと、意味わかんないくらいバカなループをしちゃってる可能性あるから。
 
スポンサーリンク
 
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。