デタラメな音楽の教科書

音楽での成功を目指し、夢破れた者だからこそ見える視点がある。

“引き寄せの法則”は、悪い意味でガチだと思ったわ

少し前に“引き寄せの法則”って流行ったじゃないですか。「潜在意識で思っていることを引き寄せる」という法則。これはガチだと思ったわ。悪い意味で。

ダラダラと生きた10年で引き寄せたもの

検索サイトから来た人のためにザックリとぼくのことを説明するね。10年間夢を目指すと言いながらフリーターをしていたんだけど、ダラダラと過ごしてたら残念な32歳フリーター(職歴無し)になりました。

こんなぼくのダラダラした10年間は、やっぱり同じような人間が集まってきてたんですよ。

  • 行政書士を目指して状況してきたが、毎日酒とゲームしかしてないフリーター。
  • 「俺には音楽しかない!音楽が無いと生きていけない!」と言いながらカツカツにバイト入れて20万くらい稼ごうとするヤツ。
  • マジでギター下手なのに、他人のギター演奏の批評ばっかりするヤツ。
  • やりたくて女のバンドメンバーを探す奴。
  • ストーカー男。
  • そのストーカー男を挑発して自体を悪化させる被害者女性。
  • 万人から褒められないと鬱になる女。
  • 「とりあえず俺の為に100曲作れよ」といきなり言ってくるプロ志望のボーカリスト。
  • 「あたし、奥をガシガシと突かれるの好きなんだ」と誘ってくる、控えめに言ってもブサイクなフリーター女。
  • とりあえず人を殴って笑いを取ろうとする脳筋男。
  • ヒステリーを起こす同人音楽家。
  • ドヤ顔でアイドル論を語るオジサン(同人イベントの音楽ブースにて)。
  • バイトを奴隷扱いするオーナー。
 
まだまだあるけど、キリがないのでここらへんで終わっとくよ。ヤバいでしょ。こんな人間とばっかり付き合ってきたんだよ。クズ過ぎる。周りの人間、みんなクズばかりだった。
 
スポンサーリンク

気が付けば、ぼくも同じだった

彼らとは疎遠になってしばらくすと、ある程度客観的に振り返る事が出来たんだよ。そこで気づいたんだけど、そういう周りのクズみたいな奴らの特徴って、実はぼく自身にも言える事だったんだよ

ぼくもね、音楽を目指してたこの10年間は酒とゲームとアニメが主流だった。おかしいだろ?音楽をやるためにフリーターになったはずなのに、ずっと遊びほうけていたんだぜ。音楽は趣味程度にしかやってなかったんだ。

それに加えて、昔やられた嫌な事はずっと忘れずに覚えているタイプなんですよ。これってある意味ストーカーみたいだよね。

ヒステリーを起こす音楽家に呆れたことがあったけど、ぼくも何度となくヒステリー起こしてたわ。ぼくらフリーターを奴隷のように扱うオーナーに嫌気がさしていたけど、ぼくも仲間の事を粗末に扱っていた


わかるかな。
ぼくが“無意識”に考えていたことが、全て引き寄せられているんだよ。
あのクズみたいな奴も、あのポンコツ人間も、全部ぼく自身だったんだよ

あの人間の底辺みたいな人たちが、
みんなみんな、ぼくの仲間だった。
同類だった。
おなじくらいクズだった。

別にぼくは、みんなを見下せるような立派な人間じゃなかったんだ。
それなのに、「自分は信念を貫いているから立派だ」と思ってた。

そういうことに気づいたとき、「ああ、これが引き寄せの法則ってやつなのかな」って思った。残念なことに、引き寄せに成功したのは悪い事だけだけど。

でも、今思い返せば、引き寄せの法則と100%合致する。
ぼくは本当にダメ人間だった。
考え方がクズ過ぎた。
そして、同じような人間とのコミュニティーが自然に出来上がった。

まぁ、過ぎた話だけどね。
 
スポンサーリンク
 

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

このサイトについて

 
管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
 
音楽を目指して約10年。32歳フリーターになってしまった松下健一の断末魔的ブログ。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
お問い合わせ専用メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。