デタラメな音楽の教科書

音楽での成功を目指し、夢破れた者だからこそ見える視点がある。

自分が嫌いで許せなくて悩んでるようなヤツはなぁ、別にそのままで良いんだよ!

自分の事が嫌いで、許せなくて、そんな自分を責めて、押し殺して生きているのか?じゃあもうやめよう。認めてあげよう、自分が自分を嫌いな事を。

「自分を好きになりましょう」じゃねーんだよ!

「自分のことを好きになりましょう」
「自分を好きになれないと、幸せになれません」

これ、ぼくみたいな人間からすると、もはや暴力なんですよ。

自分の事を好きになれるんなら、好きになりたいんだよ。
自分を許して、この辛くて苦しい魂を解放したいんだよ。

だけど、
いくら頑張っても、
どんなに頑張っても、

ぜんっっっぜん、自分の事を好きになれないんだよ!
好きになれないんだよなぁ!
 
スポンサーリンク
 
ぼくみたいな人って少なくないと思う。
「自分の事を好きになるべき」って分かっているのに、
どんなに本を読んでも、
どんなに行動を起こしてみても、
色々な人に相談してみても、
ブラック企業で働いても、
ニートのように寝てばかりでも…

全然、自分を許せない。好きになれない。

 

許そう、自分を許せない事を

だからもう、許してあげよう。
自分を嫌いな事を。
自分を許せない事を。

今日はイライラして同僚にやつあたりしてしまった。
ムシャクシャしてゴミ箱や扉をガンガンけっとばしてしまった。
恋人に酷い事を言ってしまった。
ツイッターでみんなを挑発するような発言をしてしまった。
何もやる気が起きなくてダラダラと過ごしてしまった。
高飛車な発言をしてしまったけど、自分もちゃんとできていなかった。

はい、全部OK。
そのクズみたいな生き方、全部OKです。
そのダメ人間っぷり、全部OKテイクです。
やり直す必要はありません。

ダメ人間であることに「OK」を出すんだよ。
自分を許せない奴が、唯一許せるのが、「自分はダメ人間のままでOK」って事なんだよ。

昨日は大失敗で、
今日は凄く恥ずかしい事があって、
明日が不安で、

そんな状態の自分を好きになれるはずないじゃん。
だから、そのままでOKなんだよ。

自分を嫌いな自分を、許してあげよう。

 

そのうち、どうにかなる

そうやって、「許せない自分を許す」「自分を嫌いな自分を許す」ってことをやると、とりあえずは行動を起こせるようになるんだよ。

ちょっとずつだけど、今より良い生活をするにはどうしたらいいのかって考えられるようになる。自分はダメ人間もままでOKだからね。ダメ人間のままで、今の自分のままで何かをやりはじめて良いんだ

そうやっていくと、そのうち“どうにかなる”よ。
少なくとも悪い事にはならないよ。

ぼくだって、クソみたいな10年間を過ごしてきて、言葉にできない後悔とか、自分に対する憎しみとか、行き場のない悔しさみたいなのがある。そういう気持ちは、簡単には振り切れないから、振り切れないままでOKって事にしたんだ。

そしたら、まぁ死んではいない。
というか、割と月並みな生活ができてる。

 

自分に嘘をつくな!

つまりね、いろんな人が「自分を好きになれ」って言うんだけど、無理して自分を好きになろうとしても、辛いだけ。

無理やり「自分を好きだ!」って自己暗示のようにやっても、それは嘘なんだよ。
自分自身に嘘をつくと、たぶん人は生きていけないんだよ。
自分に嘘をつくと、死にたくなる。

だから、自分を好きになるのが無理なら、嫌いなままで良いんだよ。
その方がずっと心が楽だよ。
それが本心なんだから、その本心だけでも認めてあげないと。

で、

どっかのタイミングで、自分のことを本当に好きになれそうなら、好きになってみてばいいと思うよ。
とにかく、自分に嘘をつくと、めっちゃストレスだから。
だったら、ネガティブでもいいから、ネガティブな自分にOKを出してあげると良い。


ぼくはぼくのままで生きていくし、
君も君のままでいい。

そうやって生きていると、もしかしたら、批判してくる人が出てくるかもしれない。
まぁでも、そういう人は、さほどぼくらの人生に重要じゃない人間って事なのさ。
 
スポンサーリンク
 

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スポンサーリンク

このサイトについて

管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
音楽で生きていく事を10年目指して失敗した人。
もう失うものは無いので、自由に活動しています。
→もっと詳しく。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

スポンサーリンク

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。