06 December

もし俺が蕎麦屋なら、客に「いってらっしゃいませ」の一言が言えない。

君は今日もぼくのツマラナイ記事を読みに来たのか。暇人だな。それじゃあぼくが駅ナカの蕎麦屋に入った話をするよ。

その一言が、心を動かす

面倒なので簡潔に説明するよ。

駅ナカの立ち食いそば屋に入って、
可もなく不可もなく、ふつうのソバを食べて退店。
帰り際に、店員から「いってらっしゃいませー」と声をかけられた。

これだけ。
 
スポンサーリンク
 
これだけなんだけど、この「いってらっしゃいませー」の一言が、凄くイイんですよ。
この一言で、なんかちょっとだけ嬉しくなっちゃうというか、ちょっぴりですけど気持ちが軽くなる

“言霊”とはよく言ったもので、たった一言でも、言うのと言わないのとでは雲泥の差があるんだなぁ…と。

 

ぼくはその一言が出ない

こんなことを言うと、また一部の人に怒られちゃうかもしれないんだけど、売れない人って、こういう一言が出てこないんだよ

わかるかな。
蕎麦屋が「いってらっしゃいませー」って言うだけで、ちょっと人の心を軽くするんだよ。

で、

別に心がこもって無くていいんだよ。
心がこもっていなくても、元気な声で「いってらっしゃいませー」って言えば、聞いた人は気分が良い

そういう、「やりさえすれば結果が出る」ってことを、ぼくみたいなダメ人間はないがしろにしちゃう。
やれば必ず、僅かだけど結果が出るって分かってることを、「そんなの面倒だ」と嫌がっちゃう。

蕎麦屋に入って、そんなことを感じたわけよ。
ぼくは270円の“かけそば”よりも劣るのかと。
 
スポンサーリンク
 
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。