11 December

君たちはいつも、ぼくらが自由に表現をし出すと叩いてくるよな!

普段は「自由な人生を歩むべきだよ」って言ってたじゃないですか!アレは嘘っすか!?パイセン!あれ嘘ッスか!!??

言ってる事、違いますよね?

とくに音楽目指してる人間の中には、こういう人が少なくないよ。しかも、ちょっとだけキャリアがある人に多い気がする。

そういう人はね、はじめのうちは、ぼくみたいな残念な人にもやさしく声をかけてくれるんだよ。

『君はもっと自分をさらけ出していいんだよ』
『もっと気楽に考えないよ』
『もっと自由に生きなよ』

こんな声をかけてもらったら、もう凄い嬉しいんだよ!

わかります?
こんなポンコツな人間に対して、そんな優しい言葉をかけてくれるなんて、もうホントに嬉しいんだよ!嬉しくて嬉しくて、ぼくはもうビッショビショに濡れちゃうんだよ。

で、

実際に自由にやるじゃん。
最近はもう、「自分を偽らない」がテーマになってて、それを実践しようと頑張ってるわけじゃん。

そしたらさ、ぼくにそういってくれてた人がさ、手のひら返したようにつぶやくんだよ。

『そーゆーの、違うよなぁ』

…は?
……え?
………はい?

あぁ、泣いたらスッキリするんだろうけど、なぜだか全然涙が出てこないや~。不思議ぃ~。
 
スポンサーリンク

自分と違う人を叩きたがる

ああ、なるほど。なるほどね。

要は、ぼくが君に頭を下げて「○○さん最高ッス!俺、ずっとついていきますから!」って言えば良かったんだよね?で、君から言われたことを全部やって、そしてある程度成功して、君の言ってることの正当性を証明できればよかったワケだ。

なるほど、だから、ぼくが本当に好き勝手やってるのは、気に食わないワケだ

 

それでも自分に嘘はつかない

それでも、ぼくはもう自由にやるよ。
敵ができるのなんて百も承知だからね。
そして、敵が増えると、また胃薬が手放せなくなるくらいストレス溜まるのも分かってる。

自分を偽って、当たり障りない事ばかり書いていると、平穏が訪れるよ。胃が痛くなることも無い。でも死にたくなるんだよ。マジこぇーっす。

「良く分からないけど死にたい」みたいな状況になるくらいだったら、ぼくは正直なブログを書くよ。ぼくは自分に嘘をつかないよ。ちょっと偉い人から見放されたとしても、ぼくは僕のままでやるんだよ。

ぼくがぼくのままを表現できる人は、世界中でぼく一人だけなんだよ
 
スポンサーリンク
 
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。