デタラメな音楽の教科書

君の栄えある音楽家への道を、デタラメにサポート。

音楽を目指してるなら必ず自問自答を繰り返せ!その夢が偽りかもしれない2つの事例

それ、本当にやりたいことか?

偽物の夢を追っかけている可能性

自分の本当の夢を分かっていない人は少なくない。それは音楽を目指している人、ブロガーを目指している人も同じだ。

ぼくの経験を例に説明していくよ。

ぼくはずっと音楽を目指してた。
始めはバンドマン。
次はギタリスト。
その次は同人音楽サークルからの音楽ユニット。
その後は作曲家。
音楽系ブロガーも目指しだす。

こんな感じで追っかける夢が推移していった。

わかります?「音楽」という共通点はあるものの、やってることに一貫性は無いんですよ。あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。すごい優柔不断。
 
スポンサーリンク
 
そうやってダラダラと10年が経ち、気が付いた。
ぼくは音楽を本気で目指していたわけじゃない
別に音楽じゃなくても良かった

ぼくにしかできない事をやりたかった。
この世界でぼくの価値が欲しかった。
この世界から、必要とされる人間でいたかった。

勉強はできなかったし、運動も苦手だった。
とりま中2で始めたバンドが楽しかったから、そのまま続けてた感じ。

だから、音楽でも良いし、音楽じゃなくても良かった。
何でもいいから、ぼくにしかできない技術が欲しかった。

そうとも知らずに、音楽アーティストを気取って、ミュージシャンを気取って、音楽をダラダラとやり続けた。
そりゃあ活動方針が二転三転するのも当たり前だし、活動自体に力が入らないのも納得だ。

だって、それは本当の夢とは違うから。

そうやって10年が過ぎると、中途半端な自分しか残って無かった。
世間的に言えば負け組。ダメ人間。
完全に笑われる側の人間だった。

 

自己正当化の口実になっていることも

大抵の人は夢を追っかけている間、とりあえずバイトをするだろう。世間的にはフリーターになるワケだ。

フリーター人生は、意外と楽しいものだ。特に20代前半なら尚更。頑張れば20万くらいは稼げちゃうし、それでいて責任は社員ほど重くない。そして何より、シフトの融通が聞きやすく、時間が取りやすい。

つまり、ガンガン遊べるわけだ。
遊ぶ時間が、たんまり確保できる。

本当は夢実現に費やすために浮かせた時間だけど、人間はダラけるのが得意だからね。
よっぽど気を張ってないと、すぐにラクな方に逃げるんだよ。

でも、夢をめざしている限り、このライフスタイルは正当化される

自分は好きでフリーターになっているわけでは無い。
本気を出せば、いつでもハローワークとかを使って就職はできる。

だけど今は夢を追っかけているから、仕方なくフリーターをしているだけなんだ。

そうやって自分を納得させ、周りを説得し、フリーターを続ける。「夢を追っている」が免罪符なんだ。これさえ言っていれば、定職にもつかずフリーターをやり続けても許されている気がする。

ずっとフリーターでいれば、ずっと遊べる。
収入は少ないけど、ずっと遊べる。

つまり、「音楽を目指している」なんて嘘で、本当は遊びたいだけなんだ。

 

自分を見失うな!自問自答を繰り返せ!

そんな状態にならないためにも、ときどき自問自答を繰り返す事をオススメする!心からオススメする!

ぼくの本当にやりたい事は何?
今やっていることは心から楽しめてる?
何かを我慢しながら生きてないか?
何か大切なことから目をそらしてないか?
問題・課題から逃げることで、更にストレスを増やしてないか?

そんな質問を自分に投げかけ、そして自分で回答してみると良い。

始めは答えられなくても良い。何度も何度も自問自答しながら活動しているうちに、段々気づいてくる。そして、自分の本当にやりたい事が、ゆっくりと浮き彫りになってくる。

ぼくは日記を書く事が一番いいと思う。PCでもノートでも良い。自問自答する日記。そこに普段の愚痴や怒りをぶちまけても良いし、夢や理想を毎日のように書いていくのも良い。

とにかく、書く事で思考を吐き出す。文章にして書くと、思考は必ず整理される。脳にため込んだままだとモヤモヤしっぱなしで収拾がつかない。

もちろん、日記よりもシックリくる方法があるならそれでいい。
とにかく、自問自答をして、本当の自分の意志に気づいてあげよう。

知らないうちに、自分を見失ってる事なんて、今の社会じゃ日常茶飯事。
恣意的に自分の本心に意識を向けないと、誰も本当の自分に気づかない。
自分ですらも。
 
スポンサーリンク
 

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スポンサーリンク

このサイトについて

管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
音楽で生きていく事を10年目指して失敗した人。
もう失うものは無いので、自由に活動しています。
→もっと詳しく。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

スポンサーリンク

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。