26 December

プロギタリストのライヴ見て改めて思った。やっぱ演奏が下手なヤツはダメだわ。

某プロギタリストさんのライヴを見に行ってきた。ついさっき。

音楽は技術や知識だけで測れるもんじゃない。音楽は生き物。外連味が大事。アーティストの場合は、感情や生き様をいかに音楽に乗せるかが肝になってくる。

そういう、人間味を音楽に乗せて、リスナーに伝えることが、音楽アーティストの使命だと思ってる。

だから当然、演奏が上手ければ良いってもんじゃない。演奏がいくら正確だったとしても、そこにアーティストの自己表現や、リスナーの感動がなければ意味が無い。

だが、しかし。

やっぱ演奏は上手い方が良いわ。
うん、断然上手い方が良い。
 
スポンサーリンク
 
演奏が上手くて、尚且つ感動が生まれる音楽が一番いいわ。

ごめんな。ぼくは今まで「ヘタでもいいんだよ。気持ちが大事だよ」みたいなことを時々言ってたんだけど、全然そんなことないわ。下手より上手い方が良いに決まってる。“あたりまえ”のことだったわ

「下手ウマ」って人もいるんだけど、これは本当に稀というか、一種のカリスマなんだなって思った。多くの人は、なんか「下手ウマ」という言葉を都合よく利用しちゃってる気がする。

だって、今日のプロギタリストさんのライヴ、めちゃめちゃ良かった。
凄い心地が良かった。
素敵な時間だと思った。
遊び心も感じられた。
心が踊った。

今まで、売れる為に頑張ってるバンドはそれなりに見てきた。演奏は歪だけど、それでも一生懸命のステージを見て、ちょっと応援したくなったりもした。ただ、それは一時的な同情に過ぎなかったのかもしれない

もう「下手でもいいんだよ」なんて言うの辞めるわ。
下手はダメだわ。
 
スポンサーリンク
 
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。