04 February

元店員が、コンビニバイトの販売ノルマについて赤裸々に語る【自腹の恵方巻】

 
最近、“恵方巻ノルマ”など、コンビニ経営者たちの悪行が露呈しはじめている。ちょうど良い機会なので、3年間コンビニでバイトしていたぼくが、実際はどんな感じだったのかを暴露していこうと思う。

恵方巻のノルマは実際にあったのか?

ぼくがバイトしていたコンビニでも、恵方巻ノルマはあった。たしか、1人当たり500円以上の恵方巻を売らなければならなかった。売れない場合は、自腹で買い取ることになる。報道されている内容と、だいたい一緒だ。

でも、当然ながら売れるわけないんだよ。都内の最低自給で買い叩かれているアルバイトが、レジで営業トークをやりたいわけがない。客だって、ギフトを買う為にコンビニを利用しているわけじゃない。時間がないとか、近くにスーパーがないとか、大抵はそんな理由だ。

恵方巻を買いになんて来ないし、恵方巻があったとしてもコンビニでは極力買いたくはない。スーパーや寿司屋の方が見栄えも良いし、ウマいからな。

ぼくは当然、1個も売れなかったよ。だからもう、上納金だと思って毎回自腹を決め込んでた
 
スポンサーリンク

ノルマは恵方巻だけじゃない!

実は、コンビニバイトに課せられるノルマは、恵方巻だけじゃない。ぼくが働いていた店では、お歳暮、クリスマス、正月などに合わせた“ギフト”も強制的なノルマとされていた

値段は3,000円以上の販売。できなければ自腹で購入。自腹購入を拒否すれば、全ての昇給を取り消し。どんなにベテランでも、最低時給にされた。

これも恵方巻と同じで、自腹を決め込んでいた。だから、年に3~4回は、強制的に自腹で商品を買わされていたことになる。

 

実際問題、レジでおすすめトークはできない

どうしてノルマが裁けないのかといえば、コンビニの性質にある。

まずは客層。これが正直、あまり良くはない。チンピラやヤンキーの溜まり場になってしまうことなんて珍しくない。浮浪者もたまに来る。もしくは時間に追われているビジネスマンとか、ニートっぽいヤツとか。

詳しくは過去記事「真面目な話、コンビニバイトは絶対にやめた方が良いぞ」で書いたので、気になる方はどうぞ。

とにもかくにも、ぼくの店は、普通の人がくることは滅多になく、クセの強い客が多かった。そんな中、レジでギフトや恵方巻をおすすめできるワケがない。

無視されるなら良い方。「急いでんだから、早くしろよ!」と怒鳴られたことも少なくない。コンビニで季節品やギフトを買いたい人なんて、ほんと少ないんだと痛感した。


また、従業員側としての都合もある。営業トークが面倒というものあるのだが、それ以上にコンビニは仕事量が多いんだ

アニメやドラマでよく見る「ボーッとレジに立っているコンビニバイト」は、今やほとんどいない。ほとんどの店舗はギリギリなんだ。余計な人件費をかけることは許されない。

だから、バイトには、めいいっぱいの仕事が与えられる。シフト内に決められた仕事が終わらなければ、タダ残業しなければならない

つまり、レジでお客さんに恵方巻やギフトをセールスしている暇はない。恵方巻は自腹で買えば、自分の手元に食品が残る。しかしタダ残業は、なにも残らない。

ぎゅうぎゅう詰めにされた仕事を処理するため、レジでは質よりスピードが重視される。コンビニ店員のレジ対応が雑なのは、これのせい。
 
スポンサーリンク

バイト側も、危機感が足りない

そして何より、バイト側に危機感が足りない事が問題だ。今はニュースで取り上げられているからこそ、恵方巻ノルマは悪と見られている。

だが、ぼくは受け入れてしまっていた。コンビニでバイトしていた約5年前のぼくは、ノルマを課されることを当然の事として受け入れてしまっていた。典型的なブラック従業員だったんだ。

職場が全体的に「ノルマは当然」という雰囲気になると、ぼくとしても『ああ、コンビニで働くって、こんなものなんだな』と、無条件に納得してしまっていた。

これはとても恐ろしい事で、気付かないうちに店長や本社に搾取されてしまう。金も時間も奪われる。ぼくは3年ほど働いて、やっとコンビニバイトの理不尽さに気がついて、辞めることができた。

だから、バイトをやる側の人間が、仕事先をしっかりと選んでいかなければならない。

おかしなバイト先は、すぐに辞める。店長からどんな事を言われても自分を信じる。自分のやりたい事や都合に合ったバイト先を選ぶ。その方が、将来的に絶対良い流れになる。フリーター歴10年の僕が言うのだから間違いない。

ネット上には山ほどバイト情報があるのは知っているだろう。“バイトル”や“ジョブセンス”なんかを見れば、いくらでも新しいバイトは見つかる。“バイトーク”だったら、バイト先のレビューを見ながら選べたりもする。

向こうがバイトを選ぶのではない。アルバイター・フリーターが仕事先を選ぶんだ。未だにブラックなコンビニで働いている人がいたら、我慢する必要はない。そんなバイトは、さっさと変えてしまおう。
 
 
管理人:松下健一のツイッター(@Crimson_Boots)
 
 
スポンサーリンク
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。