06 February

32歳までガラケー使ってた俺が、DMMモバイルの格安スマホを購入した結果【レビュー】

 
今までauのガラケーを使い続けたぼくが、ついにDMMモバイルで格安スマホを購入した。やばい、ヤバ過ぎる。世の中に、こんなに安くて便利なものが存在してよいのだろうか。

データ専用プランで2,901円/月

ぼくが使っているデータSIM(5GB)の内訳がこちら。
 
  • 基本料金:1,210円
  • 故障したときの交換オプション:350円
  • 通話不可のスマホにSMS機能つけるオプション:150円
  • ユニバーサル料:2円
  • スマホ本体の分割払い:1,053円(12回払い)
 
以上の項目に消費税が加算され、月々2,901円。
解約金の関係上、通話は未だにガラケーを使っているので、データ専用のプランにした

 

ガラケーより安くなった

ガラケーの時には7,000円ほど支払っていた料金。それが今は5,500円になった。スマホが3千円で、通話のみのガラケーが2,500円。これには驚いた。

これは格安スマホだけの特権。今回ぼくが選んだDMMモバイルも、そのうちの一つ。auなど大手キャリアのスマホに比べて半額以下の値段まで下がる

 

安過ぎるけど、何か不便なことはないの?

“格安”と謳うだけあって、マジで安い。DMMモバイルの場合、ドコモの通信回線を利用しているから安くなっているらしい。それにしても、めちゃくちゃ安い。

ここまで安いと、機能やサービスに不安が出る。だが、今のところ、特にデメリットは無い
 

店員と直接会えない。だが、それが良い!

一番不安だったのは、窓口がネットだけということだ。auを使っていた頃は、困ったことがあったらショップへ行って店員に色々と聞く事ができた。

だがDMMモバイルの場合、購入から料金プランの設定、修理依頼まで、すべてDMMサイトのマイページから行う。つまり、直接“店員”と会うことはできない。

会うことはできないのだが、これが全く問題ない。むしろ、ショップ店員と直接会わなくて済むので、便利で楽になった

DMMのマイページ画面では、素人でも分かりやすい表記になっているので、直感的に目的の設定を行うことができる。しかも、左下にはオペレーター直通のチャットが用意されており、分からない事は即座に聞く事が可能。

携帯ショップでの「このサービスも使ってみませんか?」というウザい営業トークが一切ないのも素晴らしい。

今となってはもう、ショップには行きたくなくなった。
 

通信はどうなの?

DMMモバイルは、ドコモの回線を利用しているらしい。これが驚く程快適だ。格安とは思えない程にサクサク通信できる。途切れることも、エラーになることも、今のところは全くない。
 

LINEの利用は注意

格安スマホ唯一の欠点、それは、LINEでの年齢認証ができないという点だ。

DMMモバイルの場合、年齢認証しようとすると、Nドコモのアカウント登録画面へ飛ばされる。ここで新規登録をしても、「携帯番号がドコモではないため、認証ができない」的なメッセージが表示されてしまう。

よって、LINEでやり取りをするには、QRコードなどを利用することになる。この年齢認証ができない問題は、DDMMモバイルのみならず、格安スマホ全般に言える事らしい。それにしても、面倒だ。

 

申し込み、めちゃめちゃ簡単だった

携帯電話の申し込みには、色々な書類を書いたり、提出したりしなければならないイメージだったが、DMMモバイルは驚くほど簡単だった。
 
  1. 名前や住所などを記入。
  2. 身分証明できるカードの写真を撮って画像を送る。
 
これだけだ。

ぼくは身分証明書類に健康保険証を使った。PCに備え付けのウェブカメラで撮影したのだが、1日ほどで審査は通過

3日ほどしてスマホ本体が自宅へ届き、開封したら即座に利用できた。こんなにも簡単にスマホが買えてしまうのかと、すこし拍子抜けしてしまったほどだ。
 

最安プランは440円/月。

ぼくはデータSIMプランを使っているので、通話はできない。その代り、基本料金は5GBで1,210円と破格だ。

だが、DMMモバイルの最安プランは月額440円。ずっと低速通信のプランなのだが、ファミレスのランチよりも値段が安いとは恐れ入った。

 

高機能な“手帳として利用

ぼくは、このスマホを月額2,901円の高機能手帳として使っている。

Googleカレンダーは素直に使いやすい手帳アプリで、基本的な予定はこれで管理。今更ではあるが、ニュースやGmail、ツイッターにいつでもアクセスできるのは、めちゃめちゃ便利。アンドロイド版Kindleも入っているので、そのうち本をカバンに入れることも無くなるだろう。

タブレットPCのような使い方もできるので、音楽制作やブログ執筆時に、第2PCとしても使えるのが頼もしい。

端末はZenFone3を買った。下手にショップや通販で買うより、DMMモバイル申し込み時にセット購入してしまった方が安かった。

そして、ついつい嬉しくなって、手帳型の専用ケースも購入してしまった。いやはや、楽しい。
 

DMMモバイルの使用感まとめ

  • とにかく安い。大手キャリアの半額以下になる。
  • だからと言って、不良はなし。ちゃんと使える。
  • 申し込み、めちゃくちゃ簡単。
  • 届いたらすぐに使える。
  • 唯一の欠点は、LINEでID検索できない件。
 
気になる方は、リンクを貼っておくのでどうぞ。
DMMモバイル
 
 
管理人:松下健一のツイッター(@Crimson_Boots)
 
 
スポンサーリンク
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。