22 February

「なんだか気持ちが滅入る」なら物を捨てよう!方法やツールをまとめた!【断捨離】

 
最近、がっつり物を捨てた。これが思いのほか清々しく、気持ちが晴れわたるようだったんだ。そういえば、物が沢山あったときはイライラが絶えなかったけど、物が少なくなってスッキリすると気持ちが落ち着いた。

もしかしたら、きみの心の不快感も、不要なものが大量にあるからかもしれない。さぁ、勇気をだしてガッツリ捨てよう。

物があるほど、気が滅入る

 
幸せで豊かな人生を送りたければ、自分の人生にある「好きな物」を増やし、「いらない物」を手放していく事です。

そのシンボルとして、自分の身の回りの物を5つ処分しましょう。捨ててしまってもいいし、誰かにあげてもかまいません。

たいしたことがないように思えるかもしれませんが、やってみると人生が軽くなった感じがします。

引用元:きっと、よくなる
 
 
家に物が沢山あると、なんか生命力が奪われていく気がしません?自己啓発本なんかでは『気の流れが悪くなる』とかいうけど、本当にそうだと思う。

もっと日常的に言いかえるなら、気が散る。めちゃくちゃ気が散る。気が散って、気が散って、それだけで疲れてしまう。それが“物が沢山ある”という状態

時々テレビでやってる“ゴミ屋敷”の住人に、幸せそうな人っていないだろ?物が沢山あるのって、ほんと気が滅入る。

だから捨てよう。

なんだか不安…
なんだかうまくいかない…

そんな悩みは、家の物を捨ててしまうことでスッキリすることも多いんだ。
 
スポンサーリンク

小物は1ヵ月使ってないなら捨てる

気持ちが滅入っているなら、かなり強気に捨てていった方が良い。1年とか半年とか生ぬるいことは辞めて、30日間使ってないなら捨ててしまおう。

安全ピンとか画鋲とか、ちょっとしたメモ用紙とか古新聞氏とか全部捨てる。

レシートとかで家計簿をつけるなら、さっさと家計簿アプリなどに入力して紙は捨てる。ToDoリストとかもメモ帳アプリなどで済ます。

特に100円均一で買った小物は不用品が多い。ガツンと捨てよう。40Lの大きな自治体指定ゴミ袋を買ってきて、袋いっぱいに詰め込んで捨てよう。

 

好きな洋服以外は捨てる

洋服なども思い切って捨てよう。ヨレヨレになった服を部屋着がわりにしていたりすると、知らない間に好きでもない服に囲まれた生活になっている。これで気が沈んでしまっていては本末転倒だ。

洋服は自信の象徴というか、あまりにもダメな洋服を着ていると、気持ちがそれに引っ張られちゃうんだ。自己啓発本にはよく『地味な服より、華やかな服を着ましょう!』って書いてあるだろ?洋服のチョイスって、本人の気持ちに直結しちゃうんだよな。

だから、ヨレヨレの服は捨ててしまおう。好きな洋服だけを残して、それ以外は思い切って捨ててしまおう。

【状態が良いのなら】

ブランド服の状態が良いのなら、古着屋に売るというのも手だ。以下のサイトはネットから申し込める。
ブランド品売るなら買取王国
古着買取のハグオール
 
 

大きな家具・家電も思い切って捨てる

ぼくは以前、パイプ製のロフトベッドを買ったのだが、少し後悔している。ロフトの下の部分が収納スペースになり、確かに床は広くなったのだが、部屋の中の窮屈感が凄い。しかも、ロフトベッドは非常に大きいので解体しないと運ぶことができない。引っ越しなどのときに悩みの種だ。

学生時代に使っていた勉強机も、非常に邪魔だ。座って作業をするには最高の机と椅子なはずなんだが邪魔でしかたない。

なんといっても、PCとスマホとギター1本があれば、ぼくのやりたい事の9割はできてしまう。それ以外は不要だったんだ。勉強机のようなバカでかい木の塊はいらない。

大きな家具は収納量が多くて便利なイメージもあるのだが、実は不要であることも少なくない。無駄に保管してある本や小物を収納するために捨てられないタンスとかもあるかもしれない。不要なものを入れるために不要な家具を置いておくとは、なんともバカらしい。

全て捨てろとは言わないが、本当に必要な家具なのかどうか、しっかり考え直してみるといい

【粗大ごみの捨て方】

基本的には住んでいる自治体の粗大ごみ課に連絡すればOKなはずだ。しかし、中には粗大ごみとしては出す事ができず、業者に引き取ってもらわなければならない物もある。パソコンなどが良い例。

専門業者に連絡するのが定石だが、リサイクルショップの自宅買取を使うと、不要なものを一気に持って行ってくれたりするので便利。
【なんでも買取!リサイクルネット】

 

紙の本はKindleに切り替える

本はコスパ最高の自己投資なので、ビジネス書でも小説でも沢山読むのは良いことだ。だが、やはり部屋を圧迫してしまうのは、気分的に不快だ。

そこで、データで補完しておけるKindleに切り替えてしまうのも手だ。

Kindle端末を買ってもよいのだが、無料で使えるスマホ版やPC版がオススメ。外出先での読書もめちゃめちゃ捗るぞ。

【紙の本は全部売る!】

いらなくなった紙の本は、自宅買取してもらうとラク。ネットで申し込めば、指定した時間に無料で集荷しにきてくれる。しかも小銭ももらえる。サービスは色々あるけど、やっぱりブックオフが一番安心だと思うよ。
本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス
 
古本の買い取り業者は、ゲームやCD、DVDなんかも買い取ってくれることが多い。まとめて送ってしまおう。
 
スポンサーリンク

お手本はドラマに出てくるOLの部屋

アニメやドラマなどに出てくる登場人物の自宅シーンはよくあるだろう。これ、大抵は魅力的に見えないか?一人暮らしの主人公のワンルーム、単身OLが住む1LDKなどは、どれも「理想の一人暮らし」に見える。

それは何故か?
彼らの自宅には、不要なものがほとんどないんだ

もちろんそれは、意図されたものなのか、セットの予算が足りなくて最低限の家具しか置いていないのか、そのどちらかは分からない。だが、確実にシンプルだ。ぼくが考えるに、あれが理想の断捨離だと思っている。

ドラマのキャラなんかは、必ず何か夢や目標を持っている。それに向かっていくために必要な物、または生きていくのに必要なもの以外は置かない。娯楽品・嗜好品に関しても、本当に好きな物だけを持っている


本当に必要な物が自宅にあるのは、とくに問題がない。しかし、本当は要らないんだけど、勢いで買ってしまって勿体ないから捨てられない……という物は、精神を蝕んでいく

序盤で紹介した「きっと、よくなる」にも書いてあるように、本当に必要なものを手にして、本当は不要なものは手放そう。気持ちがグッと軽くなるはずだ。
 
 
管理人:松下健一のツイッター(@Crimson_Boots)
 
 
スポンサーリンク
 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。