CrimsonBoots

音楽をはじめ、好きなことで生きていきたい人の自立と成長を応援するブログ。

激安ウイスキーの基準がこれ!「ブラックニッカ・クリア」を飲んでみた【感想レビュー・評価】
 
スーパーなどで最も多く見かける1,000以下のウイスキー「ブラックニッカ・クリア」についてレビューしていきます。
 
スポンサーリンク

「ブラックニッカ・クリア」について

ノンピートモルトと
ほどよく甘いグレーンウイスキーが調和する、
クリアな飲み心地。 
引用元:ブラックニッカ公式サイト
 
スーパーやコンビニで800円前後という値段で販売されている激安ウイスキーの代表格。売れているためか、幅広いスペースで陳列されており、ウイスキー好きではなくとも見たことがあるかもしれない。

ノンピートらしく、アイラ系に代表される泥臭さが抑えられ、飲み口がクリアなんだとか。
 
 

ウイスキーとして最低限の品質はキープ!

ボトルを空けると、まずは薄っすらと甘い香りが感じられる。その後をアルコール臭、そして微かではあるが、ウイスキー独特の臭さも奥に隠れている。
 
ストレートで飲んでみると、香り通りの甘さと、アルコールの強い刺激が同時に押し寄せてくる。氷を入れてロックにすると、強い刺激は抑えられて飲みやすくなる。サントリーの宣伝文句通り「後味スッキリ」なのだが、安酒っぽい人工的な余韻に感じられる。
 
ハイボールにして飲むと、ほんのりとした甘さ、アルコールの刺激が炭酸とよく合う。ウイスキーらしさを感じつつも、後味スッキリで飲み飽きない。
 
 

「ブラックニッカ・クリア」の評価まとめ

  • 本格さ:×
  • コスパ:◎
  • 飲みやすさ:◎
  • 味わい深さ:△
  • 初心者向け:×
  • 総合評価:△
 
とても安い価格ながらも、ここまでウイスキーらしさを保てているのが素晴らしい。売れているのも納得。ハイボールや水割りで気楽に飲んだり、出費を抑えたいときの宅呑みに最適。この価格帯にはレッドやトリス、凜などがあるが、ニッカクリアが最もウイスキーらしい。

しかし、ウイスキー自体の評価が高いわけではない。あくまでコスパが良いと言うだけで、お金があるなら他のウイスキーを選びたいところ。あと数百円を追加すれば、ジョニ赤やカティサーク、バランタインファイネストなどの優秀なブランドが買えてしまう。

売れている商品ではあるが、あくまで「ウイスキー好きの人が節約したいときに買う酒」という立ち位置。よって、初心者が始めの1本として買うのは絶対に辞めた方が良い。

1,000円以下という値段があってこそ、はじめて価値が光るのがブラックニッカ・クリアだ。

最後にハイボールで飲んでみるが、やはりこれが一番おいしい飲み方だ。ウイスキーとしての最低限のフレーバーは感じることができるし、柔らかい甘さが強炭酸と非常によく合う。
 
 
 
スポンサーリンク

コメント

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。