CrimsonBoots Online

バンドマンにも作曲家にもなり損ねた34歳フリーターおじさんのブログだよ

良くも悪くもお値段通り!「トリス・クラシック」を飲んでみた【感想レビュー・評価】
 
レッドや凜と並び、店頭価格が激安の「トリス・クラシック」を飲んでみました。
 
スポンサーリンク

「トリス・クラシック」について

今回は、長年多くの方々に愛されてきた「トリス」から、ご自宅でも気軽にお楽しみいただける「トリス〈クラシック〉」を新発売するものです。

ウイスキーに最近興味をもったエントリーユーザーにもお楽しみいただける、やさしく甘い香りと丸みのあるなめらかな味わいを実現しました。

昨今のウイスキー市場の拡大にともない多様化するお客様のニーズにお応えするべく新たな味わいのウイスキーを投入します。

引用元:サントリー公式サイト
 
戦後のウイスキー市場を支えたと言われている「トリス」。その歴史あるブランドを現代のニーズに合わせたものが「トリス・クラシック」なのだそうだ。謳い文句からして伝統を感じさせるのだが、店頭価格は700円前後と激安。
 
トリスにはクラシックとエクストラがあり、今回飲んだのはクラシックの方。よりウイスキーらしさを強めた仕上がりらしい。
 
 

良くも悪くも値段相応の味わい。

とは言うものの、ふたを開けて香りを確認してみると香りは薄い。やや甘いフレーバーを感じられる気がするのだが、薄すぎてうまく確認できない。アルコールの刺激臭もあるのだが、思ったより控えめ。

まずはストレートで飲んでみると、遠慮なくアルコールの刺激が全面に押し出されているのを感じ、その後に少々の甘さが追いかけてくる。オイリーさはないのだが、飲み終わった後は柑橘系のような香りが残る。

ロックにしてもアルコール臭は消えず、香りが開いたりすることも無い。ただ冷たくなった感じ。

最後にハイボールにして飲んでみると、口当たりと喉ごしは良い。スッキリした酒をごくごくと飲みたいときは悪くない。やはり辛口の酒は炭酸との相性が良い。

ただ、これはウイスキーブロガーRERA氏も言っているのだが、飲み終わった後の“べっとり感”が凄く気になる。ほんと、すごく気になる。
 
最後にトリハイにしてみます。
1:3、1:4いずれもさっぱりした印象はなく、べっとりした感じがあります。
レモン汁を加えないとおいしく飲めなさそうです。
 
引用元:サントリー トリスクラシック - RERAのウイスキーブログ
 
 

「トリス・クラシック」の評価まとめ

  • 本格さ:×
  • コスパ:△
  • 飲みやすさ:△
  • 味わい深さ:△
  • 初心者向け:×
  • 総合評価:×
 
正直に言えば、わざわざこのブランドを選ぶ必要はないと感じた。同価格帯で言えば、ウイスキー凜の方が味のベクトルが分かりやすくて良い。スッキリと飲みやすいトリスが欲しいなら、エクストラの方が合っている。

安い値段で下手に本格派を目指してしまっており、残念というか、あと一歩な感じがぬぐえない。とくに飲み終わりの“べっとり感”は本当にマイナス点。これさえなければ、ハイボール用としての評価はもう少し上がった。

ただ、世の中には「トリスが一番うまい!」という人もいる。伝統のあるブランドなので、それはそれで否定しない。ただ、うまいウイスキーを飲みたいときの選択肢には入らない。当然ながら、初心者にもオススメできない。
 
 
 
スポンサーリンク

コメント

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。