CrimsonBoots Online

音楽をはじめ、好きなことで生きていきたい人の自立と成長を応援するブログ。

ドライな飲み心地でグビグビいける「デュワーズ ホワイトラベル」【ウイスキーレビュー評価】
 
ブレンデット・スコッチ・ウイスキーである「デュワーズ ホワイトラベル」を飲んでみての感想や評価を書いていきます。
 
スポンサーリンク

デュワーズ・ホワイトラベルについて

デュワーズは、ウィスキーとして世界屈指の販売数量を誇り、アメリカでスコッチといえばデュワーズと言われるほどのビッグブランドです。

デュワーズは、1846年"ジョン・デュワー氏"により設立されました。その後も彼の息子たちにより受け継がれ、世界中の人々に愛され続けています。
特に、1891年スコットランド生まれの鉄鋼王"アンドリュー・カーネギー"が、時のアメリカ大統領"ベンジャミン・ハリソン"に樽入りのデュワーズをプレゼントした時、全米中で話題となり、大ブレイクしたニュースは有名で、このとき以来アメリカの多くの場面でスコッチといえばデュワーズと言われるようになりました。
 
引用:デュワーズ商品ページ
 
アメリカではかなり有名だとされるデュワーズ。日本でも手に入りやすく、スーパーの酒コーナーに置いてあることも多い。なぜかは分からないが、バーテンダーが他の店で飲むときにはデュワーズ・ハイボールを頼む傾向があるらしい。まぁ、ただのネットの噂だけど。

このホワイトラベルは熟成年数の表記がなく、若い原酒をブレンドしたもの。そのため、店頭価格は1200円~1400円程度と安く購入できる。
 
 

飲んでみた感想

蓋を開けて香りをかいでみると、ナッツのような甘い香りと、ややスモーキーな香りが特徴的。アルコールの刺激も強めだ。

まずはストレートで飲んでみると、甘さやスモーキーさは薄く、かなりドライで刺激的。加水すると、香りと味わい共にモルトの風味や甘さが前に出てくる。ロックやハーフロックだと大幅に刺激が減り、あっさりした味わいで飲みやすい。

ハイボールにしてみると、甘さとドライさが炭酸と良く合う。元々が淡泊な味わいなので、レモンを加えると更に爽やかさが増す。
 
 

デュワーズ・ホワイトラベルの評価

  • 本格さ:△
  • コスパ:◎
  • 飲みやすさ:◎
  • 味わい深さ:△
  • 初心者向け:○
  • 総合評価:○
 
誰もが知るジャパニーズ・ウイスキーである「角瓶」に似ているので、日本人はかなり飲みやすいのではないだろうか。とくにハイボールにしたときの甘さとドライさは、角ハイと酷似している。あっさりした味わいなので、揚げ物などの食事とも相性良し。

ウイスキー初心者がハイボールにして飲むのには最適なブランド。ハイボールにすると、かなりグビグビといけてしまうので飲み過ぎ注意。ただし、その淡泊な味わいは奥深さとは正反対のものであり、スコッチ特有のうま味を味わうことはできない。良くも悪くもサッパリしたウイスキーだ。
 
 
 
スポンサーリンク

コメント

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。