CrimsonBoots Online

音楽をはじめ、好きなことで生きていきたい人の自立と成長を応援するブログ。

バニラ系のライトな甘さのウイスキー「バランタイン・ファイネスト」を飲んでみたので評価レビューしていく
 
ブレンデッド・スコッチ・ウイスキーの「バランタイン・ファイネスト」を飲んでみたので、味わいの特徴や感想、おすすめの飲み方などを書いていきます。
 
スポンサーリンク

バランタイン・ファイネストとは

バランタインのなかでも最も安価なブランドが「ファイネスト」。40種類ものモルト原酒を使ったブレンデッドであり、年数表記のないノンエイジ・ウイスキー。スーパーでは1,000円~1,200円程度でよく見かける。
 
世界中でバランタインが好まれる最大の秘密は、ブレンドにあります。

スモーキー香や木香を強めて個性とするのではなく、どこまでも豊かでなめらかな風味を求めて40種類におよぶモルト原酒をブレンドしたスタンダード・スコッチ ― それが、ファイネスト。

ライトでもヘヴィーでもなく、飲むほどに魅了される気品を備えたスコッチ。

引用:バランタイン・ファイネスト商品ページ
 
 

飲んでみての感想

蓋を開けてみると、まずはバニラ系の甘い香りが印象的。ストレートで口に含むと、そのバニラ・フレーバーが広がっていく。遠くの方から蜂蜜っぽさやウッディさ、スモーキーな臭さも感じられる。全体的に軽い口当たりで、余韻も少なくすっきり。ノンエイジながらも、アルコールの刺激はそこまで荒々しくない。

加水することでよりマイルドになり、バニラ・フレーバーが存在感を増す。ロックや水割りなどでも美味しく飲めた。ソーダで割ると、ほんのり甘い味わいが炭酸の奥から感じられるのが楽しい。スモーキーさも遠くにあるのが嬉しいところ。
 
 

バランタイン・ファイネストの評価

低価格で購入できるウイスキーの中では、かなり優秀なブランド。ノンエイジということで、深い味わいではないのだが、ライトながらもウイスキーの楽しさを感じられる仕上がり。たしかに感じられるバニラ・フレーバーを中心に、色々な香りや味わいが詰まっていて、その組み合わせがとても秀逸。

安い酒はアルコールの刺激ばかりが目立ってしまうのだが、バランタイン・ファイネストはうまく溶け込んでいて、口当たりがまろやか。甘い系統の味わいということもあり、初心者が飲むブランドとしても最適。

ウイスキー中級者以上の人にとっては、普段の宅呑み用と割り切って飲むなら全然アリ。この値段でこの美味さが出せているブランドは中々ないだろう。

ストレートでも悪くないが、ライトな飲みやすさを活かしてロックやソーダ割りで飲みたい一品。ぼくはビターチョコと合わせて飲むのが好き。バニラの甘さとチョコの甘さがとてもマッチしてうまい。
   
この記事を書いた人:松下健一(@Crimson_boots)
 
 
 
スポンサーリンク

コメント

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。