デタラメな音楽の教科書

君の栄えある音楽家への道を、デタラメにサポート。

フリーBGMサイト「DOVA-SYNDROME」を音楽家が利用するメリットとデメリットまとめ

 
無料でフリーBGMを利用できるDOVA-SYNDROME。このサイトを音楽クリエイターとして利用した場合、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

2016年3月まで音楽クリエイターとして在籍していた私が、自身の経験からレビューしていきます。
 
スポンサーリンク
※本記事の執筆者は現時点で退会しており、2016年3月までの情報を元に記載しています。今現在は変更されている場合がありますのでご了承下さい。
 

広告収入がある

自身の曲掲載ページやプロフィールなどにバナー広告を挿入でき、収益とすることができます。PVが高ければ収入も上がる傾向にあるので、音楽クリエイターのちょっとした副収入には最適です。
 
 

とにかく沢山使ってもらえる

BGM自体は無料で頒布されているので、とにかく沢山使ってもらえます。特にYouTuberやニコ動クリエイターの方の利用が多い印象ですね。私は、時々企業さんからも利用報告を受けたりしました。

サイト自体の知名度が高いので、コツコツと新曲を掲載していけば色んな人に知ってもらえます。
 
 

アーティスト志向でも割とイケる

本来なら、あまりにも主張が強い音楽はBGMとして好まれません。特に企業さんは自社のサービスを宣伝したいので、そこに沿えるBGMが強すぎると使いにくいんですね。

しかし、個人クリエイターの方は“単純にカッコイイ曲”を好む人も多いです。なので、個性の強い曲や、主張の強い曲でも、ファンが付けば沢山ダウンロードしてもらえたりします。

私自身でいえば、バリバリのメタル曲が山ほどダウンロードされたりしました。ゲーム実況者やファンタジー系の同人ゲームサークルさんなどが好んで使ってくださったようです。
 
 

作曲依頼の窓口となる

DOVA-SYNDROMEでは楽曲製作の依頼を募集しています。ここで依頼された案件は、サイトに登録している音楽クリエイターへ割り振られることになるので、音楽制作の仕事を得られるチャンスにもなり得ます。
 
 

デメリット

駆け出しの作曲家からプロ音楽家まで、幅広く利用できるDOVA-SYNDROMEですが、デメリットと感じることもあります。

まず、規約がやや厳しめです。どれだけ公表していいのか分からないので具体的な規約内容は伏せますが、ココナラなどのサービスと併用して利用するのは不可能となる場合があります。

曲のアップロードに制限があるのも少しきついです。オーディオストックやニコニ・コモンズはいつでも受け付けてくれるのに対して、DOVA-SYNDROMEは1日に先着5曲しか公開しません。仕事の都合で先着に間に合わなかったりすると、いつまでたっても新曲を公開できなかったりします。

また、1曲につき1枚の画像を用意しなければならないのも手間ですね。これもオーディオストックやニコニ・コモンズでは省略されています。
 
 

まとめ

私はココナラを使ってみたくて退会しましたが、なにも干渉するものがないのであれば利用する価値は十分あります。実際、広告収入は毎月入ってきてました。ただ曲を掲載しているだけで小銭になります。

無料であるがゆえに、良い曲を沢山アップロードできれば人気に繋がりやすいのも良いですね。駆け出しの音楽クリエイターさんには特にオススメです。

ただし、どんなにダウンロードしてもらっても、それだけでは収益につながらないシステムでもあります。広告収入は小遣い程度にしかなりませんので。ある程度活動していったら、直接依頼に繋げる方法や他のマネタイズを考える必要があるかもしれません。

これからの時代、音楽家が自分で自分をマネジメントする事は必須になってきます。どんなウェブツールを利用するにせよ、この身一つで作曲活動を続けていくなら、「次世代ミュージシャンのためのセルフマネージメント・バイブル」と「職業作曲家への道」の2冊くらいは読んでおいた方がいいですね。
 
 
 
スポンサーリンク

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

スポンサーリンク

このサイトについて

管理人:松下健一。

音楽制作CrimsonBoots代表。
音楽で生きていく事を10年目指して失敗した人。
もう失うものは無いので、自由に活動しています。
→もっと詳しく。
 
管理人のツイッター:
松下健一(@Crimson_Boots)
 
【管理人への連絡について】
メールフォームよりご連絡下さい。

ブログ内検索

スポンサーリンク

 
CrimsonBootsは手軽でリーズナブルな音楽制作を提供しています。

当サイトでは著作権法第32条に基づいた画像引用及びアフィリエイトを介した画像利用をしています。
権利者様側から引用画像などの削除要請、または注意警告を頂いた場合は即対応致します。